2007年05月02日

4月は忙しかったです〜

大変ごぶさたしていました。
仕事も忙しく、休日も何だかんだと用事を済ませたり出かけたり、そんなことをしてるうちに、もうGW!
しかももう前半終わり〜?


GW、実は9連休です。
本当は自分とダンナの実家に行こうと思ってましたが、自分の実家への帰省はとりやめました。

実は3月にあった会社の健康診断で、心電図でひっかかり、「要精検」と出ていました。確かに仕事も忙しくて、夕方近くなると胸の辺りに違和感というか、軽い苦しさを感じることがたびたびあったので、4月中旬に精密検査を受けに行ったんです。

すると、「カテーテル検査をした方がいい」ということになってしまいました。
冠攣性狭心症を疑われているみたいです。
過度のストレスによって心臓を取り巻く血管(冠状動脈)が痙攣を起こしているのではないか、と。
それを確定するためのカテーテル検査です。

動脈からカテーテルを挿入して、心臓近くの血管まで持っていって、造影剤を流し込んでX線撮影したり、痙攣をわざと起こす薬とニトロをつかって、血管の収縮具合を診たりするそうです。

初めての経験なので、とても不安です・・・。

まぁ、そんなこともあって、GWはゆっくり過ごそうということにしました。

検査は入院して行う必要があるとかで、2泊3日の検査入院の予定。
まず初めに頭に浮かんだのは入院費用のこと。
7、8万はかかるそうです。
でも入っている生命保険にきいてみたら、検査入院でも入院特約は有効だというので、3万は戻ってくるのかな・・・
体のことなので、あまりケチっても良くないのですが、本当に、完済したところでなかなか貯金ができません・・・

細木数子さんの本を立ち読みで読んだら、19年は全般に健康に問題はないと書かれてました。でも5月は「停止」。動いても上手く物事が廻らない時期のようです。
posted by はなこ at 18:46| Comment(23) | 完済後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

信用情報開示請求

仕事が年度末とか年度始めとかで忙しくしてまして、つい更新が途絶えてしまいました。

ところで先日、ダンナに自分の信用情報開示請求をしてもらいました。
完済したらやる約束でしたので・・・

結果は白!でした。
借金をしてた先も、最初に白状したところだけでしたし、それらは全て完済になっていました。
まぁダンナのことですから、内緒でまだ借金していたら「行って」と私が急かした時点で、何だかんだと理由をつけてやらなかったのは明らかで、素直に請求したこと自体、ウソがなかったとわかっていたのですが・・・

CICと東北情報センター(全情連の東北支部みたいなところ)に開示請求をしたのですが、良く言われる「事故情報が載っている」とかいうのはCICの方が詳しく載っています。
加盟している会社(金融会社)がダンナの信用情報を利用した日についても書かれています。
「そういえば、その頃増枠の電話が来たなぁ・・・」なんて過去と照らし合わせると、妙に納得のできる内容です。
特にモ○ットはちょこちょこ見てますね。
逆に消費者金融系は、CICよりは全情連に加盟してるところが多いので、残念ながら利用履歴は出ませんでした。


比べて、全情連の方はあっさりした情報内容に見えました。


私も自分の情報について開示してみようかな。
知らない間に連帯保証人にならないように、コメントを付けてもらおうかと・・・。
いや、別に今のところそんな物騒なトラブルはないですが・・・。
posted by はなこ at 22:34| Comment(8) | 完済後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

ワープロ再登場

ダンナのお父さんがパソコンを欲しがっていた件ですが、私のいる会社で使ってないワープロ専用機があり、会社から快くもらえたので、それをあげることにしました。

もともとお父さんはワープロは使えた人なのです。
そういや結婚式の参列者名簿をワープロで打って送ってきたっけ。
そのワープロがとうとう使えなくなったので、町会長のために作る書類に困って相談を受けてたのでした。

ところで、会社からもらえたワープロは平成6年に購入したもののようで、しかもラップトップ式。普通の会社ならデスクトップ式のワープロ専用機を買うのでしょうが、ウチの会社はケチですから、安い方を選んだと見えます。でもそれが幸いして、13年ほど経過してますが、全く問題なくきちんと使えました。
多分平成10年くらいを最後に使わなくなって、ここ9年ほどは電源も入れてない状態でしたので、電源を入れなければ劣化しない部品についての劣化が防げたのだと思います。
(ちなみにとっくに備忘価額=遊休資産のため1円評価とする状態からも除外されて、「処分するのももったいないから、誰か欲しい人もってって〜」という状態。)

この前の土日に、お彼岸の墓参りを兼ねて帰省したとき、それを持っていきました。お父さんは、そりゃもうとっても喜んで、早速ダンナにいろいろ教わってました。
案の定、同じことを何度も聞くので(年齢的に仕方ないけど)、ダンナはイライラしてましたけどね(笑)

私も久々にワープロに触ってみました。
ついついパソコンの「Enter=決定・確定」キーを、事あるごとに右手の小指で叩いてしまって、その都度改行されます。
ワープロではその位置には「改行」しかないですから。
でもワープロ専用機だからこその便利さも、思い出しました。
文字がキッチリと行揃えになっていたり、固定フォントと同じく上下の文字も揃うということ。
プリンターが一緒になっていること。
感熱紙が使えるから、インクリボンの節約になること。
最初から、ファンクションボタンなどに、機能の役割が表記されていること。

シンプルで、スローで、人にやさしい機械だったんですね。
パソコンという便利なツールに慣れすぎて、複雑で、ファストで、壊れ易いものを、いつのまにかそれで当たり前と思うようになっていました。

お父さんの年齢と性格からしても、ワープロ専用機の方が向いているみたい。大事に使ってくれそうなので、私もいいことをした気分です。
ワードを教え込むよりずっと楽だし・・・(笑)

posted by はなこ at 23:47| Comment(3) | 完済後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

知るぽると(マネー情報サイト)

マネー情報を幅広い年代に提供するサイト、
知るぽると(金融広報中央委員会が管理するサイト)を見つけました。

以前、返済シュミレーションをしてみたことがありましたが
その頃はあまり詳しく見ていなかったのです。
が、あらためて見るといいサイトです。

以前、金融教育についての記事をこのブログで書いたことがありましたが、このサイトではその時に提起していた、小学生から社会人にいたる各年代別の金融教育を、既に行っています。もちろんリアルでも金融講座キャラバンで全国を廻り、日銀の方が講義を行っているようです。
また、資産運用や家計やりくりについての情報も載せていますし、役に立つソフトのダウンロードもできます。

お金は全ての人の周りで巡っています。
自分に有益なお金も、無益なお金も。
だからお金に関することに、あまりに無知ではいけないと思うのです。
この「知るぽると」は全ての人に役に立つサイトだと思います。
ぜひ一度訪れてみてください。
お子さんにも読ませてあげてください。


多重債務に陥り債務整理をした方も、自力で返済している方も、返済が進んでいる方ならある程度は借金に関する知識はあるのだろうと思います。
勉強して自分なりの方法で返済しているのでしょうから。
ただ、返済が軌道に乗り始めると、毎月1回の返済以外は、借金のことを忘れがちになりませんか?
我が家はそうでした。
いや、忘れているわけじゃないですが、借金を返済する苦しみは薄れていたと思います。 それならばその期間を利用して、このサイトの内容をじっくり読んだり、時間が許せば金融講座に参加したりしてはいかがでしょうか。

そうすることで、完済後の夢をさらに実現していくだけの知識と精神を養えるかもしれませんし、より有益な返済期間になるかもしれません。
私もまだ全部読んだわけではないので、じっくり読んでみたいと思います。


posted by はなこ at 18:07| Comment(4) | 完済後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

社員旅行

ダンナは社員旅行に行ってます。
今年は国内1泊2日、しかも同じ東北地方内です。
昨年、一昨年のグアムと比べると雲泥の差ですよね。
今年は売上が落ちてるのかな。

交通費や宿泊代はどちらにしても会社負担なので、変わらないのですが、国内旅行だと食事がセットに含まれてたり、日にちが短いこともあって、家計への負担がグッと減っています。

余計なお土産も買ってこないだろうし、いいですね、国内旅行。


でも今月は還暦お祝旅行もあるし、入学祝いも2件あるし、まだかなり家計はキツイです・・・
ダンナに二人分の通帳を見せて
「ホラ、これしかないんだよ・・・。」って話したら、
「まぁボチボチにやっていこうよ。」って言われました。

だめだよ、頑張って貯金しなくちゃ!
ダンナは私の突っ走り気配を察して、そう言ったのかもしれません。
でも何か、本題からはぐらかしただけの答えに思えて、嫌な気分。
まだ金銭感覚の温度差はありますね。

そういえばまだ還暦お祝旅行にかかるお金の話を、ダンナにちゃんとしていませんでした。
やっぱり5〜6万かかりそうな感じです。
posted by はなこ at 15:59| Comment(2) | 完済後の生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

返済額・残高推移

借金返済額と残高の推移をExcelで作ってみました。
(横長で見えづらいですが、全画面表示か、「通常のサイズに伸ばす」アイコンをクリックするときれいに見えると思います↓)

返済一覧

発覚当時の借金残高306万円に対し、返済総額(左下)は360万円。
その差54万が利息です。書き出すとすごい金額。
途中で借換えをし、2年足らずで完済しても、サラ金向けの借金の割合が大きければこれだけの利息を払うことになるんですね。


やっぱり、件数をまとめる、高利のものから集中して返すことが大切だと思います。
そして半年後を目指して低利のものへ借換えしていく。
半年後というのは、前回の借換え(借入れ)申請の履歴が消えると判断してのものです。

我が家が自力返済のためにとった方法は、こんな感じです。

1、一番高利のものから集中して返済
2、サラ金の他社へはその間、利息のみ支払う
  (遅延利息や事故履歴を発生させないため)
3、約定返済のあるクレカのキャッシングは、ボーナス時に完済
  (任意で返済する場合は一括返済が原則のため)
4、月の返済合計額は一定の水準を保つ
  (元金の返済額が徐々にアップし、早く完済できる)

4が一番当たり前のようで、一番キツイですね・・・精神的に。
どうしても途中、「残高も減ってるし今月は少なめでもいいかな」と甘えが出てきたりしました。

それにしても54万円は大きい金額です。
このお金で何が買えたでしょうか。
もっと言えば360万払っても、形に残るものは何も残らなかったんですよね。

posted by はなこ at 00:48| Comment(6) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。