2005年10月10日

履歴〜結婚直後まで〜

*この『履歴シリーズ』は過去の記録です。カテゴリーの『履歴』からお読みになると読みやすいです*


ダンナの両親へは、行くまで何も話してなかった。

着いた後しばらくはお茶を飲みながら世間話をしていた。
なかなかダンナが切り出さないまま30分近く経ってきて、私はダンナの足に合図を送った。
小声で「いつ話すつもりなの」とも言った。
ダンナのおどおどした様子にようやく気づいた両親が、何かあったの、と聞いてきたので
ようやくダンナが切り出し始めた。

 ダンナ「実は・・・借金があるんだ・・・ほうぼうに・・・」

 義母 「ほうぼうってどのくらいなの!え?○○!(ダンナのこと)」

 ダンナ「・・・ほうぼうに・・・」

 義母 「だからほうぼうってどのくらいなの!」

義理の母の声が金切り声になってきた。
そりゃ驚くだろうけど、自分の息子の性格を考えたら想定内だったんじゃないの?
だって当時ダンナの通帳を見たら、一緒に暮らす少し前まで数ヶ月に1度ずつ義父の名前で10万、20万の振込みがあったのだから・・・


10社で350万近い借金があることをダンナが告げると、両親はダンナを叱り続けた。
しばらくしたところで、ダンナはトイレに立った。
その時、今度は私に向かって両親が謝ってきた。
本当に申し訳ないことをしてしまったって。
結婚はどうするの?と聞かれたので、このことがはっきり決着がつくまでは籍を入れませんと告げた。
ただ、付き合っていた時に、私の方の家族内でのトラブル時にダンナにとても協力してもらったこともあったし、私が弱いときに支えようと頑張ってくれたり、間違ったときに叱ってくれたこともたくさんあったので、今度は私が支える番なのかな、と思うと話した。
そのことは両親2人とも納得していたし、ありがたいとも言ってくれた。
けれど、「はなこさんのご両親は、このことを知っているの?」と聞かれて「まだ話していません」と言うと、何だかちょっと安心した様子だった。

そして、トイレから戻ったダンナを前にまたお説教。
ダンナは「もうしない。真面目に生きる。すみません」と何度も言っていた。
そんなダンナを見て、いい気味だとも、かわいそうにとも思わなかった。
エンディングが近くなっていろんなことが解決していくドラマを見ているような、
「よしよし、後は大丈夫だよね」という客観的な気分だった。


ダンナからすれば、叱られている姿を私が見るなんて、屈辱的だっただろう。
私には、男のプライドというものが今いち分からなかったんだと思う。
人間として間違ったことをしたのだから、謝って反省して元に戻ればいいのだから、という気持ちしかなかった。
むしろ夫婦間の立場で言えば「私があなたを更生に導いた。感謝してほしい」と上から見下ろす気分ですらあったように思う。
男からしたら窮屈な女。
でも私にはそれが分からなかったし、分かろうともしてなかった。


話し合いの最後に、両親がこう言った。
結婚していずれはこの家に来るはなこさんのために、台所をリフォームしようと思っていたのだけれど、その費用を返済に回す。
一括返済は7月下旬。実家近くのATMや銀行から直に各業者の口座に返済する。
○○もはなこさんもその当日現在の返済額を調べて、一緒に来るように。
そしてこの借金のことは、兄弟親戚誰一人にも漏らさないつもりだ、と。

つまり、私にも私の両親に言わないで欲しいということなのだ。
これが、代々続く大きな家の見栄。間違った見栄。
結婚してないのに、私はすでに嫁扱いだった。
それでもダンナはもちろん私も、「よろしくお願いします」と頭を下げた。

それから約1週間後の月曜日、ダンナは仕事の休みを取って、もう一度2人で実家に出向いた。
義父は銀行から一括返済に足る額を下ろしてきていて、義父の車に4人が同乗し、隣町の銀行へ向かった。
知り合いに会いたくないから、ということだった。
調べて置いた各社の返済先口座を振込用紙に記入するのは私が担当した。
今となっては不確かだけれど、消費者金融の店頭へは出向かず、銀行から返済口座に直に入金したように思う。

返済をし終わってから、実家でまた説教をされた。
今日返済した際の振込み控えは、今後同じことを繰り返さないように持っておきなさいと言われた。
確かにそれは数年間は取っておいたけれど、私が時々見るばかりで、ダンナは一向に見る気配はなかった。

今思えば(またこの言葉を言ってしまうが)、結局、両親が返済してしまうというのは何の解決にもなってなかったんだと思う。
私たちもこうして借金や消費者金融に対する勉強をしないままだったし、両親も同じ。
消費者金融は怖いという意識だけでは、いけなかったんだと思う。
事実、完済後に各社解約まではしてなかった(そういう手続きの必要を知らず)。
携帯に「借りてください」と連絡が入ることも知らなかった。


だけど、晴れてきれいな身になれたダンナと、私はその後入籍したのだった。
入籍はTVで見るような「2人で」というものではなく、単に私が専業主婦で時間があったので私が一人で提出しにいった。
お一人ですか?と役所の職員に言われた。
寂しいとも思わなかった。私がしっかりしなければ、と思うようになっていたから。
あとは真面目に生きていくだけ。
私もこれ以上借金のことをダンナとの話に持ち出すのはやめようと思っていた。
しばらくは実家を訪れる度に義母から家計状況を聞かれたりして、ちょっと嫌な気分だったけれど、それも仕方ないと思えた。

そして、それから2年ほどは、私にとっては平穏な日々を送っていた。


続きはまた今度・・・
posted by はなこ at 17:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチプチ家出してました

ダンナさんの借金で悩んでる方にお聞きします。

ダンナさんのお財布の中身って、覗いていますか。
私は、ときどき覗いています。もちろん内緒ですが、多分ダンナも知ってるでしょう。
プライバシー侵害だと言われるかもしれませんが、自衛策です。

木曜日の朝、ダンナのお財布を見ると、以前ATMに吸い取られたA社のカード
(今度はクレジット機能のついてないもの)が入っていました。
会員番号は以前とは違います。
早速ネットでA社のサイトから残高を確認すると、以前の会員番号の残高を含めて
現在の残高が表示されました。

13万も増えていました・・・


金曜日の朝、ダンナに「私に隠し事してるでしょ、話すことないの」と言うと
何もない、と言われました。
夜まで良く考えて、それでも話すことがないというなら、私ももう話すことなどない。
そう言って、夜になりましたが、連絡もなく、帰ってこないし、
A社の残高もさらに2万増えていました。

朝の出来事があったので、ダンナはきっと家に帰りづらかったんだと思います。
はっきりいって私にはダンナを変えようとすることはできても、変えるかどうかはダンナ次第で、こうやって繰り返してしまうなら、もう私にできることなどないんだと思いました。
借金をしないように見張っても、防ぐことなどできないのですから。

9時過ぎ、ダンナにメールしました。
「帰ってきづらいなら私が出ていくよ」
でもそこから何の応答もありませんでした。
夕方にA社の残高が増えているところからすると、仕事は終わってるはずなんです。
なのに・・・


家を出よう。とりあえず3連休だし、会社に行かなくてもいいし。
今日はもうムリだけど、このまま返事がなければ、明日はアパート探しをしようと。
夜10時近くになって、私は衣類を簡単にかばんにまとめて家を出ました。


とはいえ、3連休前日。
家から近いビジネスホテルは満室でしたし、友達は風邪をひいていたし、もう一人は連絡がとれませんでした。
仕方がないのでその日はまんが喫茶で夜を過ごしました。
11時少し前(ばっちりパチンコ屋が閉まる時間ですよね)、ダンナからメールがありました。
「どこにいるの?」
シカトして30分ほどすると今度は、「戻らないの?」
それに対して私は「戻らない方がいいんでしょ、もう。」と返しました。
ダンナのメールには、帰ってきて、話し合おう、なんてどこにも書いていませんでした。
もう一度「どこにいるの?」と聞かれましたが「言いたくない。一人で考えさせて」と返事するとメールが止みました。


まんが喫茶にいるのはいいのですが、眠くなってきました。
寝てる間ももちろんお金がかかります。
しかもリクライニングチェアといってもフラットになるには程遠く、隣の人がいることが気になって、休まりそうもありません。
なんだか私が出たことが悔しくなってきて、午前1時過ぎ、家に帰ってきました。
プチ家出というよりは、結局単に外出程度でした。

ダンナは大いびきでした。
明日はダンナも休み。じっくり話し合ってやろうじゃないの、と意を決して私も寝ました。
何をどう考えても、ダンナが借金を増やしてまでまたギャンブルをすることを肯定する理由は見つかりませんでしたし、財布を見ていることを責められたとしても、私は謝りたくないと思っていました。


翌日、ダンナは11時ごろまで寝た振りをしていました。
そのダンナを起こして、話し合いの席につかせました。
ダンナは、「アレもこれもダメだと言われたら、俺のストレスのはけ口がなくなる」と言いました。
仕事で辛い状況にあるのに、借金もあるので仕事を辞めることもできない。
もう今の仕事に就いているのが限界、家庭でも休まらない、なのにストレスのはけ口もない・・・ということでした。
いや、仕事が辛いけどマイホームで借金を抱えてたりして、子供もいたりして、それでも頑張ってる人なんて世間にごまんといるじゃないですか。
あなた一人じゃない。私だって仕事で大変なことはたくさんある。だけどあなたのために頑張ってる。
それに今までストレスのはけ口を簡単にギャンブルやら出会い系サイトで探してきたのだから、そのツケは人生のどこかで払わなければならないのは道理だと思います。
たとえお小遣いを5000円上げたところで、お金のあまりかからない趣味を見つけなければ意味がないとも思うし。
ダンナが子供だと思う部分は、こういった自己中心的な考えしかないところなんです。

ダンナが私に求めているものは何なのかを聞いても、わからない、と言います。
私ももう疲れたし、そんな程度にしか考えられないならもう離婚しよう、と切り出しました。
するとダンナは
「俺だって本当はあなたと離婚なんてしたくないよ。でもどうしてもストレスから自分が抑えられなくなってあなたにこんな態度をとってしまうし、パチスロに走ってしまう」
と言ってきました。
「俺が頑張ればいいんだから、俺頑張るから、それでいいでしょ?ごめんなさい」

何か、謝り方が違うと思うんですが・・・
私がムリヤリ頑張らせてる鬼嫁みたいな感じ・・・

でも、結局また今度も元さやに収まることになりました。
つくづく私は甘い人間です。
夫が変わってくれるという叶わないかも知れない夢を抱き続ける甘ちゃんです。
posted by はなこ at 16:01| Comment(6) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。