2005年11月20日

履歴〜一転して〜

*この「履歴」は過去の記録です。カテゴリーの「履歴」より読まれると、読みやすいと思います*


ダンナが帰宅するなり離婚を申し出た私・・・

ダンナは、立ちつくした状態から私のそばに正座した。
私は頭を下げ続けた状態。

もう、全部わかっているから・・・サラ金から借金してることも。
私が何を言ってもダメなんでしょう?
もう疲れたよ・・・離婚してください。

そう私が静かに言うと、「ごめん。全て俺が悪いんだ」と言った。
それもいつものセリフ。信じられるわけがなかった。
その時はそう思ってるかもしれないけど、しばらくすればまた同じことの繰り返しだった。
もうしない、もうしないと言うけど、その根拠は何?
これからの俺を見ててくれと言うけど、見てたら見てたで監視だの管理だの言うよね。
全てを見せようとしないくせに、何を見ればいいわけ?表面だけ?
パチンコ業界に勤めてるからってパチンコが勝てるわけ?
業界に勤めてるからわかるんでしょ? 勝て続けるのはほんの一握り。
その他大勢が莫大なお金をつぎ込むから、店が莫大な利益を生むって。
勝ったときのことばかり覚えてるなんて、サルだよ。

いろんなことを言った。
最後だと思ったから。
でもダンナは、離婚しないでくれ、絶対にもうしないから、とお願いしてばかりだった。
仕事上や人間関係のストレスで、ついパチンコに手を出してしまうんだ。
勝ったときのことを覚えててやるんじゃない。
持ち金全てを負けてなくしたことが怖くて、勝つまでやめられないんだ。
分かってくれなんて言えないけれど・・・

そんなことを言っていた。
言い訳をしているという風ではなく、やっと気持ちを言えたという感じだった。


甘いと思われるだろうが、その時も私はやり直すことにした。
心底嫌いにはなることはできなかったから、離婚しないでほしいと言われたら、「もし立ち直ってくれるなら」という気持ちになってしまうのだ。

借りてるところは1社だけ、と何度聞いても答えるダンナ。
13万も、貯蓄から何とか一括で返済した。
サラ金のカードは私がハサミを入れた。
(解約する・貸付自粛依頼ということを知らなかったのも、甘さの一つですね。
一括返済2度目のその会社からは、上得意と見られてしまってたんでしょう。)

正しくはやり直すというよりは様子見。以前と変わらない仮面夫婦状態だった。
でもやっぱりあの時、私から本気でどうしても離婚したいというオーラが出ていて、それを感じ取ったのだろう。ダンナがそれまでの1年でひっきりなしにやってきたことが、それ以降ピタッと止んだのだ。

理由は聞いてないからわからないが、やめられるもんだなぁ、と妙に感心していた。
少なくとも私はその時点で、ピタッとパチンコを止めたダンナを信じ始めていた。


私達はそろそろ30歳を迎えようという年齢になっていたし、子供が欲しいと思えるようにもなった。
でも結婚してから、こうしたいろんな問題があったりしたのもあって、夫婦生活はだんだんとレス状態に陥っていたから、欲しいと思ってもすぐにできるわけはなかった。

数ヶ月、排卵について勉強したり、排卵検査薬を使ったりしながら様子を見ていた。
2003年の春、もう今回ダメだったら不妊治療に行こうと思う、と話してた矢先・・・
いつもと違うおなかのあたりの発熱を感じたり、ポーッと火照る感じが続いて、妊娠検査薬を試すとなんと妊娠の陽性反応。ウソみたいな本当の話だけれど。
私はすごく嬉しくて、写メールで検査薬の陽性のしるしを撮り、ダンナにメールした。
ダンナも喜んでくれていた。

それから毎日、いろんな楽しいことを考える時間が増えて、自然とダンナの心配は薄れていったし、ダンナも楽しみにしてくれているようで、子供についての会話も増え、ヒーリングCDを買ってきてくれたり、これから父親になる人のためのサイトみたいなものを見るようにもなっていた。
そのダンナの姿を見て、私もまた嬉しかった。
ようやく人並みの幸せが実現される、そんな気がしていた。

仕事については、パートなので育児休業は望めず、辞めるしかなさそうだったが、その時点での貯蓄は50万程度、ダンナの給料は手取り21万。
出産後も早めに働くという選択をするしかなかった。
それでもまた働き始めるまでに少し貯金をしておかなくては、という思いから、会社は7ヶ月か8ヶ月まで働いて、出産手当金をもらおうと企んでいた。

(出産手当金とはいわゆる30万円の出産一時金とは違います→詳しくはこちら


でも人生は、自分の意図しないところでも転がっていくもの。
私はその赤ちゃんを産んであげることができなかった。
楽しみにしすぎて荷が重く感じたのか、私達では両親として不足だったのか、赤ちゃんは、夏のある日1人で旅立っていってしまったのだ。


長くなってきたので続きはまた今度・・・
posted by はなこ at 22:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅行会の積立

私の会社では親睦会と旅行会というのがあって、親睦会は月300円、旅行会は月3,000円が給料から天引きされています。

親睦会は余っても返還されることはないんですけど、旅行会は、1年で使わなかった分は、それぞれに返還されることに決まっています。
でもここ数年は、忘年会くらいしかやってません。
「仕事以外で会社の人と一緒にいたくないよ」という人が多くなってる風潮もあるんでしょうね。
旅行やイベントを企画して出欠表をまわしても、揃ったように欠席と書かれてきます。

忘年会の個人負担は毎年6,000円。
旅行会では年間36,000円積み立ててますから、残り30,000円が、先日現金で返還されてきました!
元は自分のお金。でもやっぱり嬉しいもんです。


さて。これをどうするかです。
どう使う? ダンナに言う? 黙ってる・・・?


まずは化粧品を5,000円分、これは絶対に買いたいと思っていました。
その化粧品だって高価な何かを買うわけではなくて、今使ってる基礎化粧品の冬用を買うだけなんです。ランクも落としてるんだもの、このくらいはお小遣いの範囲で買いたいですよ・・・

黙っていれば、もっといろいろと買えるかもしれません。

でも2人で協力して返済してるのだから、それもどうかな、と思うし、後ろめたい思いはしたくないし、ウソつくと顔に出る方だし、何かを買うより生活費に充てられる方が今は嬉しい気がします。
正直ズルイことを言えば、ダンナから(化粧品に使うについて)何も文句は言えまいと分かっているからこそ、私はダンナに報告しました。

「旅行会の積立で使わない分、3万円戻ってきたよ。でも5,000円は化粧品買わせてね」

「(3万も?という顔をして)いいよ、そんなの断りなく買ったらいいさぁ」

ちょっとうらやましいという顔はしてましたが、そう言うしかないですよね。
今までの行為もあるし・・・
ただそんな時に限って、たいてい入用になるもんです。
デパートでお歳暮を頼んできたら現金決済になってしまったり、実家への改築祝いをダンナのお姉さんと共同で贈ることになり、先に立て替えておくことになったり。
マーフィーの法則って言うんでしょうか? こういうこと。

結局手元には数千円しか残らない計算。
はぁ・・・そんなもんかぁ・・・。ちょっと虚しい。

posted by はなこ at 15:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。