2006年01月24日

叔母へのメール

土曜日に葬儀があったので私だけ参列し、日曜日に帰宅しました。
叔母家族は「正直ほっとした」と言っていましたし、「最期まで好きなギャンブルが出来て、なのにこうやって皆(近しい親戚だけです)に送ってもらって幸せだと思うよ」と言っていましたが・・・

いやいや! 安心するの、ちょっと待って!

離婚した父親が借金を抱えてても関係ないってことないよね。
叔母は離婚しているからいいけれど、子供は子供。
籍が抜けてようが抜けてまいが相続権が発生するんです。
本当に安心するのは、相続放棄手続きが完了してからにしないと。

というような内容のメールを、昨日叔母に送りました。

相続放棄申請のポイントとしては、子供が相続放棄すれば孫に相続権は移らず、叔父の両親や兄弟姉妹に移っていくので、財産を相続したくなければ、亡くなったことを知ってから3ヶ月以内に直系にある親戚全員が揃って簡易裁判所に申し立てをすることが必要だということでしょうか。
あとは、勝手に叔父の財産(車や家・土地、高級品など価値の高いもの・・・今回の場合はゼロです)を処分したり引き取ってしまうと、相続放棄ができない場合があるので注意、ということでしょうか。

親戚にも相続放棄を促さなければならないのは、ある意味恥だと思うかもしれませんが、その恥は一時のもの。
負債を相続させてしまうよりずっとマシですよね。


相続放棄については↓こちら↓をご参照ください。

「All About・・・相続放棄の意外な落とし穴・・・」より


余計なお世話だったかもしれないけれど、叔父のことを許そうとしている従姉妹たちの気持ちを、叔父自身が踏みにじらないようにするためだもの。
詰めはしっかりして、最期に父親に泣かされないようにしないとね。
滞りなく全員分の手続きが進みますように・・・

それにしても、私があんまり借金のことを気にするので、怪しく思ったかなぁ・・・
posted by はなこ at 19:48| Comment(7) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。