2006年09月30日

A社完済!

今月の返済でちょっと無理をしてA社の10万の残を完済しました。
これであと3社、71万の残です。
年内に何とか頑張って、M社とD社を完済したいと思ってます。
ボーナスがどのくらい出るかに拠るんですけどね・・・

いつも通り二人で消費者金融のATMの集まる場所に出向き、AとMの2社に返済を済ませた帰り道、ダンナが私に「お願いがあるんだけど」と静かな口調で切り出しました。
ちょっと嫌な予感はしたんですが、恐る恐る聞いてみると、A社のカードの暗証番号を自分の知らない番号に変更して欲しい、とのこと。
もう使わないんだけれど、万が一にも使いたくないから、と。

本当に使う気になれば、これだけ残高が減っているのだから、A社でなくてもどこぞの消費者金融から借りることはできるはずで、この「暗証番号変更のお願い」が実に無意味なことであることは、ダンナも私も充分分かっています。
A社の最終の金利は年率17%まで下がりましたが、困って借りるときはそこにこだわらないのが多重債務者の心理であることも。

でもこのお願いは、私にとっては嬉しいことでした。
表面上はいつも通りに了解しましたが、内心はとても。
ダンナの決意を感じたからです。

帰り着くなり早速電話で暗証番号の変更を、ダンナに内緒の番号に変更しました。
想像すらできない番号に。

最初、ネットから変更できると思っていたのですが、A社の場合は自動音声受付の電話か、オペレータの出る電話からでないと変更できないようです。
もちろん契約者本人ではないので、自動音声受付の方から変更。
これで後はお休みの取れた平日に、すでに完済してるP社とA社の窓口に出向いて解約手続きと無利息残高を支払う(P社は過払い高を受け取る)だけだと思っていました。

すると数日後、ダンナからの話ですが、
A社は電話で解約に応じてくれるということでした。
解約に必要なものがあれば教えてくださいと電話したところ、電話でもOKですと言われ、700円弱の無利息残高は、今までの取引を鑑みて支払不要です、という回答だったようです。
今日、A社から契約書と契約変更履歴書が返送されてきました。


やっぱり自分たちで頑張って返済してきて良かったと思えた瞬間でした。
ダンナの意識も変わってきたなと思います。
かといって油断はしていませんが・・・
私個人としては、無利息残高の支払不要は、A社の善意でもサービスでも何でもなく、高い利息を払ってた時期もあったんだから当然のことと思ってますけどね。
posted by はなこ at 16:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。