2006年10月01日

金融教育

今日、ボーっとしてTVを見ていると、どこかの小学校で金融教育の一環で、自分たちの作ったものを売る(といっても自校の体育館が会場)という体験をしました、というニュースを見ました。

私は金銭教育に賛成です。
アメリカでは子供に金銭の流れから、借りること、増やすことまでの金銭教育をするのが当たり前とのことですが、日本では子供にお金の心配をかけないのがいい親、子供にお金の話はタブーという部分がありますよね。
お金の心配などせずにのびのび育って欲しいと。
でも私の実家はあまり裕福でないことは、言われなくても子供の頃から薄々気づいていました。
多分、周りの友達も気づいていました。お小遣いも中学卒業までなかったので、遊ぶときも商店にお菓子を買いに行く等のほとんどない遊び方をして気遣ってくれていたのも、分かっていました。

隠そうとしても、子供はわかっているものなのです。
なぜかお金がないことを察知してしまうんです。
でも親が一生懸命働いている中で、必要のある借金だと理解していれば、子供だって「何でウチは貧乏なの?」なんてことは聞きません。
それこそ親の背中を見て育っているんです。
親に愚痴らないのは、言えば自分も親も悲しくなるから・・・という理由もあります。
小学生の頃は、裕福でないことがこの先ずっと続くような気がして、悲しくて寂しい気持ちを誰にも言えずに過ごしていた時期だったように思います。
そのジレンマから完全に立ち直ったと実感したのは、自分で給料を稼ぐようになって、それが貯まっていく通帳を見たとき。
いやらしい話ですが本当です。自分の努力で変われたと実感しました。

金融教育で子供にお金のことを教えるなら、小学生にお金の流れを教えるだけではなく、中学生までに借金のこと、投資のこと、金利のことなど、高校生になったら単利と複利の違いや、返済方式の違い、利率の決まり方、国の予算や情勢など、お金の使い方次第ではチャンスや地獄は誰にでも訪れることと、無駄なお金と有効なお金についてを教えて欲しいと思います。

お金は20歳から自発的に借りられるのに、教育が間に合わないから、気づいたら多重債務なんてこともあると思います。それも教育を施すことで少しでも回避できると思うのですが、甘い考えでしょうか。


また、反対の場合にも金融教育が有効です。
ネットのニュースで「給食費を払えるのに払わない親」のニュースを読みました。今、巷の公立学校ではどこでも痛い問題のようですね。
払えるのに払わない親の言い分も書かれていましたが、驚くような言い分もありました。

「誰が給食を出せと要請した?(お願いしてないのに出す方が勝手だ)」
「給食を止められるものなら止めてみろ」

・・・本当に呆れます。
多分年齢的に私とさほど違わない年齢の方が親のはずだと思うと情けないです。子供の頃、親がきちんと払っていたからこそ、自分も受けられたサービスだったのを忘れ、「じゃあ弁当持参で」と言えば一番に面倒くさがる・・・。払えるのに払わない人ほど、結構裕福な生活をしてたりするらしいじゃないですか。
現在は、差し押さえをしたり市民サービスを受けられなくしたり、教師が親の会社に出向いてまで支払をお願いしに行ったりするそうですね。
私は、単純になぜその子供に「給食費を払うように親にいいなさい」と言わないのだろう、と思います。これも「お金の話タブー論」の表れです。子供が給食を望むのに親が払わないとしたら、子供の食育とコミュニケーションの妨害をしているような状況ですから、3者面談で話せばよいだろうと思います。

そして金融教育が今後も積極的に施されるのなら、給食費の内訳や流れを生徒に教えたらいいんです。
子供が自分で考えて、親に「払ってよ」と言えば払う率も上がるのではないかと思います。
ここで「子供に未納のことは関係ないだろう!子供に言わせるな!」と激怒するとしたら未納であることを間違ったことと認識してるんでしょう。

こういったことも、お金の話はタブー論をなくして金融教育を施すことで解決できるんじゃないでしょうか。
もっと積極的に取り組んでくれたらいいのになぁ・・・と思います。
posted by はなこ at 22:20| Comment(9) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。