2006年12月29日

その後。

ダンナの事故のその後について。
前の記事の、まいさんへのコメントにも書きましたが、その後病院に行ってレントゲンを撮りましたが、骨には異常がないようです。
本人は肩と腰が痛いとずっと訴えていましたが、捻挫ではないか?とのこと。
今の状態から悪化したら、CTを撮りましょうと言われたようです。

車についてはリース契約に代車特約が付いてなかったので、仕事&通勤で使える車がありません。
会社で代車は用意しないので、遠出の仕事の時だけレンタカーを借り、通勤は私が会社の近くまで送り迎えをすることになりました。
レンタカーの自己負担はなさそうです。
これまた幸い、私の会社とダンナの会社が割と近いからできるんですよね・・・

まぁ、本人はまだ心の問題から立ち直れてないようですが、お正月休みもあるし、徐々に戻るのを待つしかないでしょうね。


話は変わりますが、12月末の返済をしてきました。
とうとう18万まで来ましたよ〜
C銀行カードローンは、利率も9.9%ですし、もうそれほど利息が付きませんから、ほとんど元本を返済してる状態です。
でもボーナス近くなった頃から、少しずつ出費が増えてます。
気が緩んできてるんでしょうね。忘年会などのイベントもあったし。

お正月もお年玉やら帰省土産で、ますます出費がかさみがち。
着々と返済してきましたが、早く完済したいと焦ることが多くなりました。
そのためにも後もう少し。もう一度気を引き締めないと!
posted by はなこ at 10:17| Comment(3) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

あららら・・・

いや〜・・・

今日の夜中、ちょっと大変でした。
ダンナが出張帰りの高速で事故って。
夜中、事故現場近くまでダンナを迎えに走りました。

田舎の高速なので後続車もたまたまなくて、単独事故。
凍った路面でスリップしてガードレールにぶつかったみたい。
体はかすり傷以外は大丈夫みたいですが車が自走できなくなってしまって、それで迎えに行ったんです。

冬夜中の高速・・・迎えに行く私も怖かったです・・・
ダンナはもっと怖かったろうな。
私もずっと昔、自損事故を起こしたことがあります。
だからドキドキ・興奮状態が抜けないというのがすごく良くわかります。
それでも今夜も仕事があるので、トラウマだろうが何だろうが車に乗っていかなきゃいけません。(家の車でね)

でも、まぁ、まずは怪我もなく命が助かり、巻き添えにした車や人がいなかったことは、不幸中の幸いでした。
体は無事だと言うけれど、念のために病院へいって診てもらおうと思っています。
CTスキャンがいいのかな、って思うんですが、何科で診てもらったらいいんでしょうね。
費用もかかるんでしょうけど、後々の「もしも」に備えると思えば仕方ないです。
助かった命は大切にしないと。


会社の車はリース。
今日、ディーラーに戻ってきた車を見に行くと、修理に1ヶ月近くかかると言われました。
もちろん保険に入ってるので、弁償しろということはないのですが、社内に空いてる車がないそうです。
代車特約がリース契約についてるかどうかで、修理中の代車費用が会社に発生するかどうかなのですが・・・。代車特約がなくてレンタルするとなると、その費用は1ヶ月間の修理期間で、およそ20万以上。
もしかしたら個人負担と言われるかも、と心配しています。

実際、明日は自分の車に乗って来い、と所長さんから言われてるらしいし。


代車が自己負担なら、家の車を提供して仕事に使うつもりです。
そして私は電車通勤に・・・。
駅から会社まで結構遠いのになぁ。
とりあえず、所長さんには「嫁が通勤で使ってますが・・・」と言ってみてもらおうかな。余計に怒られるかなぁ?
posted by はなこ at 20:57| Comment(2) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

後厄

もう年末まであと1週間となりましたね。

じつは今年まだ後厄だった私。
前厄の年は別居して離婚寸前だったり、去年の本厄の年にはダンナの今回の借金が発覚し、辛い返済活動を続け、今年もその延長のつもりでした。

でも、今年はダンナも落ち着いて返済も随分進み、家庭面では言うほど厄という気もしませんでした。私の借金ではないけれど、ここまで膨らました原因の一つには私への不満もあったはずだし、ここは百歩譲って夫婦の借金と考えてやってきたつもりです。
むしろ仕事面では大厄だったとも言えますが・・・

最近、他の借金ブログを読んでて思うことがあります。
収入を得ることのできない家族に仕送りをしていたり、病気の家族を抱えてたり、借金のことを理解できない子供がいる世帯だったりと、不可抗力で借金を抱えた人もいらっしゃる中で、ウチは、返済する環境に恵まれていたから、1年半でここまで残高を減らすことが出来ただけだって。
夫婦ともに収入があって子供がいなくて両親は健在で。
ダンナも落ち着いたように見えるし、本人なりに頑張ってるみたい。

幸せ、という言葉はおかしいですが、「随分マシ」な環境だと思います。
だから、完済しても生活を甘えさせないで貯金することにします。
借金してるつもりで。

来年は厄も明けます。
家庭は少し落ち着いてるけれど、来年は仕事の方も少し落ち着いてできればいいなぁ・・・
そして家族や周りの人が健康で楽しく過ごせますように。
posted by はなこ at 21:35| Comment(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

借金が完済したら

源泉徴収票を見ながら、今年の自分の年収と去年の年収を比べてみました。

年間で2万円ちょっとしかアップしてません。
月にして1668円。時給にして11円弱。バイトか?
ウチで働いてる契約社員さんの方が、UP額はよっぽど高いくらい。
おかしいな・・・去年から増えてる仕事量からすると、月7万円分くらいはアップしてるはずなんですけど・・・

思えば3月に社長が亡くなってから、恐ろしいほどたくさんの仕事をやっつけて、目の前の山をとにかくなくすことに精一杯でした。去年と収入を比べる余裕もなかったけれど、改めて比べると何だか、月1668円しか上がってなかったのか、と思うと切ないですね・・・
ずっと今の会社でいいのかな。会社は大丈夫なのかな。
不安になったりもします。


でも完済したら何しよう、と最近時々思うようになりました。
お金を貯めて車を買うでしょ?
あとは出資天井を10万と決めてミニ株をやってみようかなって。
ミニ株だって小心者の私にしては大冒険。
口ばっかりでやらないかもしれません。が、興味津々。

買いたい銘柄はうっすら決めてます。
ウチの親会社のライバル会社数社^^
これで自社が調子いい時はボーナスに反映されて、調子悪いときは株からお小遣いを・・・ってそんなに甘くないか・・・。

でも一番考えてるのはやっぱり貯金かな。
自分の中だけで考えてることだけど、年齢的に子供を生むとしたらこの数年が勝負だと思っているから。
また社会復帰するまでの蓄えって感じで。
ダンナの「子供が嫌い」っていう言葉も未だに尾を引いてて、子供のことは言わないのが暗黙の了解。今までは生まない人生ばかり考えてたけど・・・

今まで自分の考えを我慢してずっと返済してきたんだもの、
このくらいの夢は見ててもいいですよね。
何気に、会社の育児休業規則をチェックした私でした。
posted by はなこ at 21:14| Comment(2) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

年末調整

私は経理&総務という仕事柄、給与も計算しているのですが、この時季は年末調整の計算で結構大変です。

でも、今年も税金が還付されることが決定しました^^
その額、2万円ほど。
・・・ということはダンナも3万ちょっとは戻ってくるかな?


しかしいつまでも浮かれていてはいけません。
給与所得者の皆様、来年の年末調整からは定率減税が廃止され、更に所得税率はほんの少し下がるものの、春に切り替わる住民税率は上がります。
厚生年金保険料もここ数年は毎年秋に少しずつ率が上がっているのです。

つまり、春の昇給が微々たるものであるなら、むしろ月の給与手取額は税金や社保料のために、前年度より低くなる可能性があり、なおかつ年末調整の還付も期待できなくなるということです。

ですので日ごろの買い物と同じくらい、給与明細や通帳とにらめっこして、毎月の自動引落し額には今からテコ入れしたほうがいいでしょう。
(借金を抱える方は、すでにやっていらっしゃるでしょうけどね)
会社の付き合いで入ってる、無駄な生命・傷害保険はありませんか?
そういったものがあるなら、できるだけ省いて毎月の手取額を確保する必要がありますね。

サラリーマン歴の長い人はご存知でしょうが、年末調整で保険料が税金控除に利用できるとしても、それは保険料の支払額が年間10万円までのことです。
年10万円以上、生命保険に支払っていても、税金控除上の金額は変わりません。
(年間の支払額は、生命保険10万、個人年金10万、傷害4000円、で各項目最大の税金控除額が得られます。長期の火災保険などは条件により異なります)
年末調整の書類を見ていると、年間50万以上も生命保険料を払っていて、控除証明書をこれでもか!ってくらい貼ってくる人がたまにいます。
付き合いや、将来への不安、相続のことなど、いろんな事情からそれだけ入っているのでしょうが、10万以上は変わりませんし、すべての証明書を出さなかったところでお咎めはありません。
それよりも保険貧乏にならないように気をつけてください。

むしろ、大学生のお子さんの社会保険料があり、それを事実上親が支払っているなら、その証明書を提出すると、社会保険料は払った全額が認められるので税額控除に有効です。
夫婦ともに収入がある場合は、給与明細を見て所得税の多い方に出します。
何といっても年末調整は、最大で年間に支払った所得税額までしか還付されませんので、所得税を多く払ってる人の方が、戻ってくる限度額も多いはずだからです。

一概には言えない場合もあるでしょうが、目安にしてみてください。
posted by はなこ at 09:37| Comment(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

D社完済

火曜日、会社の用事で銀行に出向いた際に残債を振込みをして、とうとうD社のキャッシング部分を完済しました。
残債は大幅に減って残り29万。
今月中に20万くらいなる予定です^^

ただ、当初はボーナスでD社完済とM社に4万程度入れておきたかったのに、できなかったから、完済は1ヶ月伸びることになりそうです。
2月末完済・・・そして3月はあちこちのお祝い出費でお金が飛んでくし・・・
貯金はどうやら暖かくなってからになりそうです。


D社のカードは、お歳暮なんかでよく使うデパートが提携するクレジットカードなので、完済して解約、というつもりは今はないですが、結構長く持っているので、利用限度額が買い物とキャッシング合わせて70万円・・・ちょっと多すぎ・・・。
利用限度額を下げてもらえるか聞いてみたいと思っています。
今までの経験上、ダンナは借りるとなれば短期間のうちに(パチスロで負けて)ガンガン借りる傾向にあります。
発覚した時は、すべての借入先で天井張り状態でした。

すべてを完済したら貸付自粛依頼もする予定ですが、利用限度額も下げたい。
(あと携帯電話番号の変更も・・・)
どちらもきっと本人からの依頼で解除できるものでしょう。
でも小さくてもハードルをいくつか設置しておくと、面倒臭がりのダンナはそのハードルを2つとも越えるような方法は取らないと読んでいます。つまり、どっちかのハードルは生きると。


ま・・・この苦労を忘れてまた安易な借金に手を出すようなら、今度こそ見捨てますよ・・・
ダンナの気持ちも落ち着いてきてるし、そうならないと期待しています。

posted by はなこ at 23:05| Comment(2) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

ボーナス消えた〜

金曜日にボーナスが支給されました。
ダンナと私、合わせて53万あまり。

うち22万はD社に返済して、
3.3万はボーナス払いにしてたタイヤ代、
4.8万が車の任意保険、

そして・・・


17万が車検代!!


決して点検費用は高くないはずなんですが、秋に話の出てたディスクブレーキの交換の他にも、見積もってもらったらLLCのノズルに亀裂が入ってて少しずつ冷却水が漏れてるんですって。
ディーラーの整備士曰く、「亀裂を見つけた以上、自分はこれを交換しないで車検に通せませんよ・・・」ということでした。
あとはリサイクル費用1.1万含めて、17万。

1月満期の任意保険以外は、すべて今月中に出て行くお金。
しめて47.1万円、あっという間にさよ〜なら〜・・・はぁ・・・

もうちょっともらえたらM社にも少し返済したかったけど、まぁD社は予定通り完済できるので良しとしなくちゃ。
残り6万を返済に充てろ? そりゃそうなんですけど完済までに何があるかわからないし、虎の子ってことで大事に取っておきます。
posted by はなこ at 13:35| Comment(2) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。