2005年12月22日

年末調整

今日は年の最後の給料日。
給料に年末調整で戻ってきた税金分が加算されていて、給料がいつもよりちょっと多めでした!
まぁ、計算してるのは私なので、とっくに金額はわかってたんですが・・・

それにしても3万円近く戻ってきました。
年末調整で控除対象となる生命保険料を、年10万に合わせたおかげもあるかもしれません。
10万以上払ってても、税金控除は5万円が上限ですから。
それ以上増やすのであれば、年金を増やすか、損保で欲しい保障だけを増やすなどすると、戻ってくる税金がさらに増えてくるはずです。

今月はもっと返済に回せるかもしれませんが、とりあえずは今日、A社中心に返済してきました。
最初は、提携銀行のATMでB社の利息だけでも払ってしまおうと思っていました。
なのにATMで実際に操作してみると、カードを受け付けてくれません。
B社のカードローンのカードも、その銀行のキャッシュカードも。
店員さんを呼ぶにも、会社でお付き合いのある支店なので何か恥かしい気がして断念。
なので銀行から返済指定口座へ振り込もうと思ったのですが、A社はカードローンとショッピングで残高が残っているので、どちらも返したい私は上手くやる方法もわからず断念。
結局、恐る恐る消費者金融のATMで返済してきました。

本人以外が返済しても、何のトラブルも起こりませんでした。
今回はダンナも不在で特別に私が返済にいきましたが、この次からはまたダンナにやってもらおうと思っています。


今日は雪が吹雪のように横なぐりに吹き荒れていました。
A社の1台しかないATMブースで返済作業をしていると、後ろの扉がブーン!と開きました。
確かダンナが、「誰かがいるときはもう1台あっても入らないように」と言ってたので、それがこの消費者金融ATMを使う際の暗黙ルールなのか、と思っていたんです。
なのに扉が開いたので、かなりビックリ!
一瞬、強盗とか拉致とかされちゃうのかも、と思ったくらい。
実際、後ろの人は入ってはきませんでしたが、自動ドアだけが反応しちゃったみたいです。
それだけドアの近くにいるのは、そう、ブースの屋根が小さいから、よりドアに近い場所にいないと濡れてしまうからなのでしょう。

作業が終わってブースを出るときに、後ろの人に悪かったな、という気持ちで会釈と「すみませんでした」と言ったんです。でも後ろの人は顔をそらし気味で入っていきました。
この辺も銀行のATMとは違う、見て見ぬフリのルールがあるんだなぁ、と勉強になりました。


それにしても、提携銀行のATMで返済できなかったのは何でだろう・・・?
それに、銀行で消費者金融のカードを取り出すのって、すごく勇気がいりますね。
posted by はなこ at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
いろいろな方のブログを経て、こちらにきました。

読んでいてとっても似ている環境だったので思わずコメントしてしまいました><

うちも今は火の車で、一社の完済もままならぬ状況です。ほんとうにいつになったらマイナスから抜け出せるのか、、。

がんばります、節約!!

ではまたおじゃまします^^
Posted by satoka at 2005年12月24日 21:42
satokaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます^^

今、satokaさんのブログを拝見したところなのですが
確かに状況が似てますね。幸か不幸か・・・
まだ発覚して間もなくて、これからのこととか
不安で仕方ないんでしょうね。
私もこの気持ちの境地に至るまで、本当に辛い時季が
何度もありました。

今のsatokaさんのだんな様の応対を見ていると
これは更生するまで長期戦になるだろうな、と思ってしまいます。
うちのダンナも、satokaさんのダンナ様みたいだったのが
何度も衝突し、何度も話し合い、何度も裏切られ、何度もやり直し
それを繰り返してここまできました。

今は落ち着いて真面目にしているように見えます。
が、信用はまだできません。多分、一生ムリかも。

それでも前に進んでいかなきゃいけないんですもんね。
こっちの方が人間不信になりますよね・・・
せめて、頑張る方向、進む方向を間違わないように、お互いに慎重になりましょう!

またお寄りくださいね〜
Posted by はなこ at 2005年12月24日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10945820

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。