2006年02月10日

おかげさまで・・・

2/10 21:20現在、借金ブログランキング 19位まで浮上しました!
ありがとうございます〜〜〜

ダンナがいない間は思う存分この裏ブログの更新ができるので、『履歴』の最終章でも更新しようかと思っていたのですが、なかなかとりかかる気力がありません。
嫌なことを思い出しながら、読んでくれる方にきちんと伝わる文章にしていくのって、結構気力を使う作業なんですよね。
明日は一人の休日。何とか更新したいと思っています。


ところで先日、火曜日の9:15から『プロフェッショナル〜仕事の流儀〜』という番組を観ました。プロジェクトXの後釜なんですが、普段は知ることのできない専門職たちの仕事振りを見ることができて面白いです。
2/7放送分は、弁護士・宇都宮健児さんを追っていました。
宇都宮弁護士は、豊田商事事件やオウム真理教の破産申請などにも尽力された弁護士で、近年は特に多重債務や闇金への借金に苦しむ人々に力を差し伸べていらっしゃるようです。
事務所に相談に来る方以外にも、公園のホームレス相手に法律相談の声がけをしたり、闇金からの違法な取立てによって社会復帰できずにホームレス状態になっている方々にも積極的に声をかけている姿を見て、信念の人だなぁと感心していました。

もちろん大多数の弁護士さんは、同じように仕事に誇りを持って、依頼者の立場になって仕事をしてくださっているんだと思います。
ただ「弁護士」というと、債務整理をしていない我が家などは、会社の顧問弁護士にしか会ったことがないもので、その顧問弁護士の高飛車なイメージがとても嫌いだった私には、宇都宮弁護士の常に債務者の立場にたって仕事に臨んでくださる姿を拝見して、エラク感動してしまったのです。

弁護士にもいろいろなタイプの人がいるんですよね、きっと。
posted by はなこ at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
弁護士の先生っていろんなタイプがあると思います。

私がはじめに債務整理を相談した先生は、「任意整理にしろ破産にしろ、ギャンブルは無理。だまされたとかそれなりのストーリーがないと・・・」なんていきなり言われて、「これが特定調停の用紙だからここに記入して裁判所に持っていって。」なんて言われました。がっかりしたことを思えています。

こんあ先生ばかりじゃないでしょうけど・・・。
Posted by すーちゃん at 2006年02月12日 12:15
弁護士にも得意、不得意分野もあると思いますが
こちらが事情を話すなり「この手しかないから!」と言われるのは、
本当にこの分野に強い人か疑ってしまいますね。
「弱い人の味方になるのが弁護士」と、宇都宮弁護士が語っていました。
弁護士全員がそういう気持ちであれば、こちらの不安を煽るような
態度で接してはこないと思うのですが・・・

医者も弁護士も、私たちと同じ人間が特別な資格をもってやっているだけのこと。
いい人もいれば合わない人もいますから
めげずに自分に合った弁護士を探さなくちゃいけないんですね。
幸いにもこちらには弁護士を選ぶ権利がありますもんね。

今担当してくださってる弁護士さんは、合いそうな方ですか?
Posted by はなこ at 2006年02月12日 13:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。