2006年03月04日

危なかった手口検証(在宅ワーク)

昨日の記事について、私の行動のいけなかった部分について検証してみようと思います。

【広告の安易なクリック】
ブログ全盛の今とは違い、不慣れだったのは認めますが、友達のブログについてたブログクリックを、友達が推薦してるものと勘違いしてしまいました。なので、最初からの信用度が少し高かった気がします。
在宅ワークでワンクリック詐欺というのはあまり聞きませんが、電話番号と違って「184発信」ができないネットの世界です。
気をつけないといけませんよね。そして、自分のブログに、意図しないブログクリックがついてくるのであれば、ブログクリック自体はずすことも検討する必要があると思いました。

【サイトの内容】
後になっていろいろ見ると、どこも同じような住所だったり背景やフォントを変えただけのようなサイトがゴロゴロしてました。
会社概要や仕事の流れが説明されてるからといって、内容がウソ偽りないかどうか、調べようがありません。『ちゃんとした会社みたいなサイト』というのも私の思い込みでした。

【登録料や初期費用がかかる】
ここがチェックのしどころでした。
私が資料を請求したところは、サイトには教材費のことはかかれていませんでした。
ですが申し込んでいたら、各自のレベルがどうであれ事前研修が必要とか言われ、結局お金がかかったと思われます。
登録料が必要というのも冷静になってみれば言語道断です。こちらが仕事をしてお金をもらうのに、こちらから払うお金が必要だなんておかしいのです。
相手は利益を追求している企業なのです。
まず『受注から5%を差し引く』というのも本当に発注を出してたら5%では済まないでしょう。
私はこの会社はマトモな発注は出さないで、じらすだけじらして登録者からお金を吸い取るだけの会社と思っていますが。
また登録者のレベル確認、研修費用、資料請求やセミナーは企業側で負担するのが普通です。そのお金もないほどの会社なら、かえって危ないと思います。
また、レベルの低い登録者を研修によってレベルを上げるほどヒマじゃないはずです。
クライアントもそんな登録者がいる会社に「ゾクゾクと」仕事を与えないでしょう。

【申込みまでの順序と検討期間】
在宅ワークの斡旋企業には、危ないところもあれば安全なところもあると思います。
それはわかっていましたが「ここは大丈夫」という変な思い込みが出来上がってました。
どんな会社でも、本当に大丈夫かどうかは仕事をしてみないとわからないかもしれませんし、同じ会社でもトラブルになる人とならない人がいることもあるでしょう。
しかしこちらはネットで会社のサイトを見ただけです。
そこまでわかりません。
だったら先にもっとネットで下調べをして、周りの人に相談したりして、一つの会社に対して数日以上の検討期間は必要かと思います。
自分の勘だけに頼るのは危ないです。

そして『暴露サイトに載っていたから悪徳なのだ』と勝手に判断してしまうところも気をつけなければと思いました。それも『大丈夫だ』と同じく、思い込みの一つですから。


人間は執拗な電話勧誘があると引いてしまうものですよね。
契約したといっても、しつこいから嫌々契約してしまった、という感じでしょう。
要するに、じっくり下調べをして、相談して、時間をおいてもやっぱりその会社に魅力を感じるとなれば資料請求をしてみてもいいかもしれませんが、

不安な点があればきっぱり断る自信がある
 →ぜひそうしてください。ですが向こうもしつこく電話がやまない可能性があります。
   断る時はシンプルに、何度でも根気よく断ってください。
   「契約しません。断ります!ガチャ」これで十分です。

しつこさに負けそうな気がする
 →最初から資料請求しないでください。
   してしまってたら、家族や友達、消費者生活センターに相談し、
   パニックになるのを防いでください。
   在宅ワークをするなら昔のツテを辿って、信頼のできる人から直に仕事を受注する
   のが無難です。世の中の在宅ワーカーの多くは、そうして仕事を得ているようです。
   斡旋業などではなく、形のあるものを扱う会社(製造業など)を狙ってください。

しつこさに負けて契約してしまった
 →クーリングオフもやり方があります。
   近くの消費者生活センターに相談し、必要であれば司法書士や弁護士に相談を。
   クーリングオフ期間外でも、不法な契約は破棄できる可能性が高いです。
   こちらから業者に電話して解約を申し出るのは、効果薄ですし、
   また丸め込まれる可能性があります。


パソコンの普及率も上がり、家で家事と両立しながらお金が稼げたらいいな、という気持ちは誰にでもあると思います。でも普及した今だからこそ、悪質な業者が増え、良い会社を見つけることが難しいです。こちらもよくよく調べてから行動するべきですよね。
自分はしっかり者だから大丈夫という人(私?)ほど思い込みが激しく、危ないと思いました。
在宅ワークだけが収入アップの手ではないと思いますし、在宅ワークも、申し込んで仕事をしてもすぐにお金が振り込まれるわけではありません。
月末締めの翌月末払い、翌々月15日払いなどの支払いサイトがあります。
だったらその分、申し込む前に冷静になってみたらいかがでしょうか。
posted by はなこ at 10:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分でしっかり分析されていますね。それだけしっかりしていれば今後変な業者に引っかかることはないと思います。でも、業者って巧みに言葉を変えて近寄ってくるので、注意しないといけませんね。

私の場合、しつこさに負けそうなので、初めから資料請求しないほうがいいと思いました。(笑)長時間話を聞いていると、だんだん相手のペースに巻き込まれる自信があります。(笑)
Posted by すーちゃん at 2006年03月05日 05:42
すーちゃん、おはようございます。

向こうが詐欺まがいの会社だとしたら
そりゃもうこちらのタイプをすぐ判断されて
あれこれと言葉巧みに揚げ足をとられたり
その気にさせられたりしてしまいますよね。
こっちもよく勉強しないと・・・
お互いに気をつけましょう!

その業界に関わる法律のことを知るって大切なんだなぁと思います。
これって借金や相続についても同じことですよね。
Posted by はなこ at 2006年03月05日 09:03
こんばんは^^

昨日はお祝いコメントありがとうございました♪嬉しかったですよ(^з^)−☆CHU
確かに在宅ワークだけが収入UPの
手ではないですよね。一時期、在宅で
仕事がしたいと考えたりもしたのですが
なかなかきちんとした仕事は
みつけられませんでした^^;
今の仕事を大事にしていきたいと
思います。勉強になりました^^
Posted by まい at 2006年03月05日 23:59
まいさん、こんばんは。

在宅ワークへの憧れってありますよね。
私も副職として在宅ワークを考えてましたが
やっぱり外での仕事をパートから社員に変えるのが
結果としてよかったんだと今は思っています。
働くなら外で働くほうが合ってるし。

今は在宅ワークよりもアフィリエイトの時代かなぁ?
以前よりも在宅ワークがらみの事件って目立たなくなって
きてるような気がしますけど、油断は禁物ですね。
Posted by はなこ at 2006年03月06日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14129414

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。