2006年05月25日

昇給

ダンナの昇給は先月からでしたが、私の給料は5月に昇給します。
3月までを4月に査定されて、金額が決定して5月給与からというスケジュールです。

今日の給料日、上司から給与袋を渡された時に説明がありました。
「はなこさん、よく頑張ってくれたからもっと上げたかったんだけど、親会社からアップの上限率を指定されてるから・・・」
なんだかちょっと複雑な気持ちです。
寂しいような切ないような。
月額1,000円しかアップしない人もいる中で、私はそれでも良く上げてもらったから当然文句は言わないし、認めてもらってるだけでも良しとしなくちゃ。

また1年頑張ろう(T_T)

ま、今年はほとんどベースアップしないようなことは、チラホラ聞いてましたが、確か「今、いざなぎ景気を超える長期の好景気」と日経に書いてあったはず・・・
好景気?どこの社会の話なんだか実感がありません。
中小企業が景気の良さを実感しないで、好景気って言えるのかな。
未だに取引先から無理な値引きを強いられて厳しいんですけど。

皆さんの勤めるところの景気はどうですか?

まぁ文句を言ったって好景気らしいですから、定期預金類の金利が上がってきてますよね。
ということはそのうち借入金利も上がりそう。
特に私名義で借りてるのは変動金利だし、とりあえず早く借金を返済しなくちゃ。
posted by はなこ at 20:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
景気がよくなってるなんて
実感できないですね><
うちの会社は業績が落ち込む一方ですよ。
全然感じられないですね><
少しでも昇給になってよかったですね^^
私はもう2年連続で据え置きです。
下がらないだけ感謝しなくては^^;
Posted by at 2006年06月03日 21:53
スミマセン。名無しはわたしです^^;
Posted by まい at 2006年06月03日 21:54
景気が良いのは、下の方ではなく上の方です。
つまり消費者ではなく生産者側ですね。
工場の回転率は確かに去年を上回っています。
さらに失業率もかなりの低水準です。
でも15〜34歳までの失業率は7.1%です。
これは普通暴動が起きるぐらいの失業率ですね。
平均失業率は4.3%で普通ですね。
つまり高齢であるほど優遇されているという事です。
新規は取らない、経験者を取る。
という事が如実に表れています。

下の方まで景気が良くなったと感じれるようになるまは、
最低でもあと6年はかかるでしょう。
その間に景気が落ち込まないとも限りませんから、
恐らく庶民には景気が良くなったと、
思える事は何一つ無いかもしれません。
Posted by at 2006年06月05日 14:05
まいさん>
いつもコメントありがとうございます。
まいさんのところも厳しそうですね。
2年据え置きですか・・・
でも、どん底の景気だった頃の
「雇ってくれてることに感謝しなくちゃ」という気持ちを
忘れることなく、今は頑張らなくちゃいけませんよね。

私は2,500円でした。アップ金額。
でも住民税が2000円アップしてるし、社会保険の
等級も上がったりしたら、間違いなくマイナスです・・・(-_-;)


名無しさん>
コメントありがとうございます。
お名前がなかったのでこう呼ばせてください。

今はまだ、生産者側の、さらに大きな企業だけが利益得ている
という気がしますよね。
さすがにバブルの頃のように悪ノリ景気では後が怖いのですが、
もう少し利益がでる状態が続かないと、下には恩恵が
行き渡らないのでしょう。

2008年問題で、定年を引き上げたり高齢者の雇用支援を積極的にしていますが、
若い層の失業率が高いのであれば、その底をも押し上げるように
対策をしないと、いつまでも経済的に潤わず、結果として晩婚化、
少子化が進む原因にもなり得ますね。
Posted by はなこ at 2006年06月05日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。