2006年06月10日

片付け日和

今日は暑くもなく風も弱くて、ダンナは仕事。
絶好の家事日和。

ずっとやりたかったクローゼットの片付けをしています。
今のアパートに引っ越してきてから開けてないダンボール箱があって、中身は何かは箱に書いてあるんだけど、使うかも・・・と思いながら2年が経過。
そう言えば前のアパートでも「使うかも・・・」でとっておいただけの物もあって、今回は思い切っていろいろ処分することにしました。

オークションで売れそうなものは出してみて、あとはハードオフに引き取ってもらおうかな。

クローゼットを片付けると、部屋にあったものも片付いて、すっきりしますよね。
午後も頑張るぞ。
posted by はなこ at 11:57| Comment(9) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。片づけをすると気分まですっきりしますよね。

僕も今掃除をしていたのですが、部屋をちょっとだけ片付けてるつもりが余計にちらかしてしまってどんどん大掛かりになっていってしまうといういつものパターンになりつつあります;

もっと部屋の片づけが上手になりたいなぁ。
Posted by 諭吉 at 2006年06月10日 22:01
諭吉さん>
こんばんは^^
夜になっての掃除って、大掛かりになりますよね。
何ででしょうね。
時間がたっぷりあると思うからでしょうか・・・

片付け魔の私が思う片付けのコツは、
片付け中は散らかってもいいから、自分だけは、
「ここは捨てるモノのスペース」とわかってることです。
飽きるまで「捨てる・捨てない」の分別をしたら、
あとはゴミ袋にどんどん分別して捨てていくだけ。
あるいは最初からゴミ袋を持ちながら作業するとか。

それと、いつもそこにあって見慣れているものを
見せないように収納できないか、考えてみることでしょうか。
案外、そこに置いておく必要がないものが
出っ放しになってる可能性もあったりして。

最近の我が家の困りモノは、
電化製品などの購入時に入ってた箱たちです。
箱だけなら畳んでしまっておけばいいけれど、
中にスチロールが入ってますよね。
ダンナが「修理に出すかもしれない、売るかもしれない」
とか言って、捨てさせてくれないんです・・・
(ダンナは捨てない家系に育ってる)

今は入り子状態でしまってますが
徐々にクローゼットや物置を占領し始めてます(-_-;)
Posted by はなこ at 2006年06月10日 23:55
>見慣れているものを見せないように収納できないか、考えてみることでしょうか。

なるほど!この考え方はいいですね!

僕は結構捨てるタイプなんですが、今の部屋は収納がほとんど無いところなので収納を考える必要があるんですよね。

部屋を見渡してみたら「見慣れているもの」「うまく収納ができそうなもの」が結構ありそうです。明日あたりチャレンジしてみます!

Posted by 諭吉 at 2006年06月11日 00:47
諭吉さん>
その後片付けは進みましたか?
私も偉そうなこと書いてるようですが、
「普段は出しっぱなし、来客が来たら片付けるモノ」とか
結構あったりします・・・(笑)

一人暮らしだと収納も限られているでしょうけど
反対にモノも少ないでしょうから
頑張って片付けてくださいね〜
ちなみに我が家の週末の片付けは、大ゴミ袋3つ分も
いろいろ捨てることになりましたよ!
Posted by はなこ at 2006年06月14日 23:22
>ちなみに我が家の週末の片付けは、大ゴミ袋3つ分もいろいろ捨てることになりましたよ!

み、3っつ分ですか〜!かなりスッキリしましたね。

仕事後にちょっとづつ部屋の片付けやってますよ。
あとちょっとでなんとかきりがつきそうです(^^)
Posted by 諭吉 at 2006年06月16日 20:44
こんばんは。

日記にちょっとだけはなこさんのコメント引用させてもらいました(^^)

あとリンクも貼らせてもらいましたよ。
Posted by 諭吉 at 2006年06月17日 23:34
諭吉さん>
コメント引用&リンクありがとうございました。
私もリンク貼らせていただきます〜
Posted by はなこ at 2006年06月18日 11:54
こんばんわ。初めて書き込みします。実は、私もこの8月に主人の借金がハッキリ分かり、返済計画もたてました。
しかし、当初は2社から借りてて、カードも切って、その後は借りてないといっていたのに、また、他社のカードが見つかって・・・。
こういうのって、やっぱり癖なんですね。
辞めさせる為に、工夫したことってありましたか?
Posted by えだまめ at 2006年09月18日 22:22
えだまめさん>
はじめまして。コメントありがとうございます。

ダンナさん、借金額にウソをついているんですね。
そうなると心配でなりませんよね。
そのウソは、少しでも怒りを抑えようとするためなのか、それとも無用の借金をすることを悪いとも思っていないのか・・・

いずれにしても、更正してもらうのに大切なのは、ダンナさんが借金癖を直そうと思っているのかどうか、そして借金をした心の弱さの原因を突き止めることだと、私は思っています。
借金の原因はギャンブル、女性などさまざまですが、そこにハマってしまった心の動きを、何度も話し合って相手の気持ちを知ることだと思います。
仕事のストレスなのか、家庭へのストレスなのか、複合的な理由なのか、純粋に楽しいと思ってやってるのか・・・、純粋に楽しいと思っている場合以外は、その原因を理解し和らげてあげないと、同じことの繰り返しになってしまいがちなんです。
(もちろん楽しんでやってるのなら、何をしても直らないと思いますよ)

我が家の場合は、複合的でした。仕事と家庭と。
薄々わかっていても借金をしてない自分が責められるなんておかしいと思い続け、逆に多額の借金をしたダンナを責め続けました。それが、ダンナの家庭へのストレスとなり、ギャンブルや風俗にハマる原因の一つとなったと、理解しました。

一緒に払って頑張っていこうと決めたのなら、えだまめさんから見てダンナさんに更正の可能性があると見たということですよね。
でしたら、ダンナさんが正直になれる環境を作り、責めるのではなく「話し合っていく」、数年というかなり長い時間がかかるかもしれませんが、覚悟の上で取り組んでください。
応援してます。頑張ってくださいね!

辞めさせるというより、変わってもらうことが大事です。
変わるのはダンナさんの意思がなければ無理なことです。
それを誘導するしか、配偶者にはできないんですよね。

長くなりましたし、偉そうに書きましたが、私もまだ頑張ってる最中です。
お互いに頑張りましょうね。
Posted by はなこ at 2006年09月20日 23:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。