2006年11月11日

未だそんな考え?

会社に最近入社してきた40代の男の人がいます。

5年ほど前に大手企業をリストラされ、その後派遣をしたり働かない時期があったり(本人曰く、派遣で更新がなかったとのこと)していたが、時給が安くてもいいからきちんと定職に就きたいということでした。

技術職なので、ウチも年齢やブランクをそれほど気にせず採用しました。
ところが、入社時に出す書類に、万一の際の連絡先を書く欄があるのですが、同居人である彼女の携帯番号が書いてあるのです。
聞くと、もう何年も前から同居していて、住まいも彼女のもの。
仕事がないような時に、いつしか彼女の家に転がり込んでそのまま、という感じなのだそうです。

正直、私はそういう男の人は好きじゃないです。
甲斐性・・・なんて古臭いと言われるかもしれないけど、男がメインに働いて生活することで、家族の笑顔も保たれると思うんです。
もちろん定年までは働くのが当たり前。
それは貯蓄があってもなくても。
女性の稼ぎは、足りない分と貯金に回す程度が理想だと思っています。
家事や子どもの世話も立派な仕事なのですから、両立するのは本当に大変だと思うから。

えぇと・・・私も理想と今の状況と全く逆ですが・・・


きっとその彼女も「私がいなきゃだめなんだ」と思う時もあれば、「なんで私が稼いでこの人を食わさないといけないの?」と思う時も多々あると思います。
ま、彼もこうして働き口を見つけてるわけですから、何とかしなきゃと思っているわけで、そう悲観することもないのですが。

で、その話を家でダンナにしたんです。そうしたらアナタ、
「いいなぁ。そういう生活。理想だな」
なんて言うんですよ・・・
まだそういう考えを持ってるのか、って悲しくなりました。
これから転職活動をするかもしれないところで、このセリフです。
あいにく私は男を食わして納得いく性格じゃないので、
「ふーん、じゃあそういう人見つけて一緒になったらいいんじゃない?見つかればね。私はそういう人嫌い。」
呆れてムッとした感じでそう言ったら、あわてて訂正してました。
「そうは言っても働かなければいけないのが、男なんだけどサ」

考えてみたらまだ返済しはじめて1年半です。
根本的なところはまだ変わってないんだなぁ、と思いましたね・・・
posted by はなこ at 12:19| Comment(4) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダンナサン・・・。正直者!!
男がメインで稼ぎ、女は補助という考え。私も同じ意見です。

年配のご婦人と話する機会がよくあるんですが、みんなじゃないけど、
「若いころは給料すくなかったわよ〜!」と聞きます。
ダンナサンの収入です。
で、奥さんは子供が手が離れだして、働き出した。もうお子さんは社会人。
しかし、まだそのご婦人も働いています。今は老いも若いも共働きなのかな。

あくまで補助的に働いているんでしょうけど。

私がお店を開いたのも、実は主人のお給料がしんじられないほどおやすかったからです。
子供産んですぐ復活しました。
到底主人の給料だけでは無理だったんです
。(TεT)

昔に比べて給料がすくないって言うレベル
が違うんですかね。

話がそれました。

身近な人で、ご主人が夢ばかり追いかけていてずうっと苦労しているご家庭があります。
子供が三人もいるのに〜!!
でも、本人に良い悪いまでは面と向かって
いえなくて、ハガユイビワワンです。
Posted by ビワワン at 2006年11月11日 17:11
ビワワンさん>
いつもコメントありがとうございます^^

昔は携帯代もプロバイダ料金もなかったですから
決まった支出の項目が「衣食住」と単純だったんだと思います。
それに周りの家を見てもどこもそんな感じでした。
子供の洋服はお母さん手作り、
おもちゃはクリスマスか誕生日だけ。
それが当たり前でした。
今は、周りに合わせてある程度便利な生活を維持した上で
貯蓄に回せないから働くわ、という家庭が
多いんじゃないでしょうか。
年配の方も、この先この水準で老後を迎えてしまうと
やっぱり生活費が不安だから働くとか。

我が家もそうですけどね。
便利なツールを手放せない。
上を見ればきりがないです。
でも上を見ることで頑張れることもある。
その境目は案外難しいかもしれません。
ただ、欲しいものを手に入れ続けてはいけないとは思います。
今ある中で豊かな生活ができれば一番かなって。
Posted by はなこ at 2006年11月12日 18:32
かなり納得のいく説明に感動しました。
私が考えなさ過ぎていたのか・・・、
はなこさんはなんだかすごい。

そうですよね、今のように便利ではなかった。ゲームも今は大人だってするし。
携帯もみんな持ってる。
車も地域によっては専業主婦もないと困るから一家に二台。

三人兄弟の三番目の私に気づかれないように母がソローっと自転車で出て行くのを、
泣きながら追いかけて、私を止めようとする兄と姉を尻目に、根負けした母の自転車の後ろになんとか乗って・・・。

笑い話ですが、私も母も私も必死でした。

便利になったせいで今ではあり得ない
昔話に、時代の流れを感じます。

上を見ると切りがないですね、本当に。
完済の向こう側の世界を夢見て、
とにかく今の苦しい状況の中でも
ちょっとした幸せをさがします。

なんだろう??子供以外で・・・。
インスタントでもコーヒーが飲めたら。
できたら、自分で入れたんじゃなくて、
だったらすごくニコニコしてしまうかも。

やっぱり私って頭悪い人みたい。
Posted by ビワワン at 2006年11月14日 16:03
ビワワンさん>

>やっぱり私って頭悪い人みたい。

そんなことないですよ〜。
私は単に理屈っぽいところが多いだけです。きっと。
日々の小さなことが幸せと感じられるっていいですよね。
心が平和でないとムリですもん。

ビワワンさんは人が入れてくれたコーヒーですか?
いつも世話をやいてるかたは、自分のために
誰かが何かしてくれると嬉しいですよね!

私は何だろう・・・
ダンナが早く帰ってきて嬉しいときもあれば
ダンナが出張で手抜きできるから嬉しいときもあったり。
自分のその時の心次第なのかな(笑)
Posted by はなこ at 2006年11月16日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。