2007年02月18日

フリーペーパー

今日、近所の某スーパーに買い物に出かけたら、入口近くで、パチンコ業界のフリーペーパーなるものを見つけました。

職探しとか、賃貸住宅探しとかのフリーペーパーと肩を並べて、堂々と上から2番目の棚にあるその冊子を手にとり、パラパラと中を見ると、地元のパチンコ・パチスロ店の新店(開店)情報や、各店のイベント情報、新機種の紹介記事が載っていました。

新聞の折込チラシを見ていても思うんですが、パチンコ店のチラシって派手で目立ちますよね。その冊子もオールカラーで文字体はゴシックの太め、ビックリマークが散乱した記事ばかりでした。


こういうのって、スーパーに置くのはどうかと思います。
ギャンブル関係のフリーペーパーなんて、やめてほしいです。

もちろんコンビニに行けば、有料の『パチスロ攻略本』みたいなものが簡単に手に入ることは知っています。
でも有料であることが、小さいけれども一つの壁になっていると思っています。青少年や、禁パチをしている人や、ギャンブルの借金でクビが廻らない人にとって。
それがフリーペーパーであることで、より気軽に手に取れてしまうと思うのです。
ウチのダンナなどは、既にそういう業界で働く人間ですから、新機種情報など今更かもしれませんが、私にとっては脅威以外の何者でもありません。

ダンナがコレを手に取り、そこから派生する気持ちの変化への脅威。
まだ信用しきれていないからだと思いますが・・・


嫌な気分で買い物から帰ってきて、ダンナにそのことを話したら、既に存在を知っていました。HotPepperみたいに、お店側が金を払って宣伝してもらう冊子だろう、と。
さすがに同じお金を出すにしてもパチンコ業界の動かすお金は単位が違います。あの派手な色合いの広告では、きっと結構なお金がかかるでしょう。
そしてそのお金は、ひと時の現実逃避のために誰かがつぎ込んだお金。もっといえば誰かの生活費、誰かの借金、誰かの家族の財布から抜き取ったお金かもしれません。

考えてみれば、我が家だってそのお金で生活が成り立っているわけです。ダンナはそのお金を更にパチンコ等々で出来た借金の返済に充ててきた、という現実・・・。
悔しいことですが、今はどうしようもありません。
その現実は事実として心に刻み、今後の人生の教訓にするしかないでしょうし、今後も転職でもなければ、そのお金を充てにしていく必要があるのですから。

ただ、ダンナは最近も、本気で転職を考えているようです。
ダンナこそ、上に書いたような悔しい気持ちを強く持っているのかもしれません。
posted by はなこ at 20:50| Comment(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。