2005年10月01日

履歴〜結婚するまで・私のこと〜

私のことも書こうと思う。


私は2人姉弟の上、長女。
俗に言うしっかりした長女、と小学生の頃には言われてた。
ただ、中学生になってからは変わった。

ここからは借金と関係のない余談ですが・・・

たまたま家の近くの公立中学がヤンキーばかりだったせいもあるけど、前回の日記に「子供のうちは少しは悪さしろ!」と力説できるくらいには、いろいろやってきた。
夜遊び、テレクラ遊び(冷やかしだけですが・・・)、タバコ、酒など。(書けないことも少し・・・)
母はあきらめずにいつも怒ってくれていた。言葉よりも平手が先に出る母だった。
近所の子供でも怒る母。友達の手前恥かしく、憎いと思ったこともあったが、父よりも母の方が好きだった。

高校は普通の公立高校へ進んだ。
高校の同級生には、中学時代に遊んだタイプのヤンキーは一人もいなかった。
すでにほとんどの悪さを中学でやってきてしまった私は、高校に入るなり周りの真面目に見える友達に囲まれて、また変わった。
小学生から考えると360度の方向転換。
高校生になったんだし、バカはもうやめようと思った。
中学時代の友達みんなも、遅くても20才までにはケジメをつけてまっとうな大人になっていた。
だから怒られる年齢のうちに悪さをしておくべきだと身を持って思うのだ。
ま、その彼らも、全てがまともな大人になるかと言われればNOなのだけど。


本題・・・

両親が自営で町工場を経営して、経営上も父がポンポンと趣味&無計画に借金して買ってしまった機械のせいで大きな借金もあったりして、随分大きくなってからもこのことが私の負い目となっていた。
決して裕福ではなかったし、町工場をやっていることを友達に冷やかされたりもした。
中学卒業までおこづかいもなく、友達と遊びにいくのに家の中をあちこち探し回ってようやく100円かき集め、それをお菓子やジュースに使う、ということがほとんどだった。
だから、怒られても父より母が好きだと言えるのは、父=借金をして私たち家族を苦しめる人、という考えがあるからだと思う。


そんな中で育った私。
ダンナとは正反対といってもいい性格で、割とお金にシビアな人間になっていた。
友達と飲みにいったり旅行に行ったりはしても、クレジットカードの分割払いは性に合わなかった。
免許取得費用も、結婚費用も全て自分で貯めていた。

私は、結婚するなら絶対にサラリーマンがいい、とずっと思っていた。
小さい頃から母が「お店をやっている人は苦労するからダメ!あと午年生まれもダメ!(←父が午年だから(笑))」と言われていたから。


1999年、結婚の話が持ち上がる。(ようやく前回からの続き・・・遅っ)


ダンナから結婚を申し込まれた際に、まず頭に思ったのは「これで2人が会うのにお金がかからなくて良かった」ということ。
サラリーマンだし、技術屋で手に職があるし、午年生まれじゃないし、私の嫌いな虫を退治できるし。
動機がなんだか不純な私でしたが、それよりも道楽に身の丈以上の借金をつぎ込んでいるのに、結婚を申し込んでくるダンナもダンナだと思う。
ダンナもこのままではまずいと思い、何度となく借金のことを両親に言おうと思っていたそうです。
で、精算してもらおうと思っていたんでしょう。
でもとうとう言えなかった。


当時私にもローンがあった。総額20万ほど。
結婚の雰囲気が出た頃に、フィットネスクラブとエステが一緒になったところに通い出し、そこで分割払いにしてもらった○プラスでの借金。
今思えばアホな限りです。ダンナのことなど言えようもありません。
それを抱えて結婚するわけに行かないと、私は貯金から20万を吐き出し一括返済。
会社も円満退職しました。
さぁ、これで身辺整理もしたし、結婚準備をしよう!と意気込む私。


で、新居を見て回って決めようとしたときに事件は起きるんです。


続きはまた時間が取れたときに・・・
posted by はなこ at 00:32| Comment(3) | TrackBack(1) | 履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜♪
続きを早くUPしてくださいね^^

はなこさんのご両親とうちの両親、
似ているかも。父はやはり借金をつくり、
母はそれで苦労していたし、嫁姑問題で
離婚騒動まで(苦笑)うちの母も
悪いことをしたら手が飛んでくる人でした。
大人になると母の気持ちも分かり、
やはり、父親より母親に寄ってしまいます^^
父親も優しいから好きですけどね^^
Posted by まい at 2005年10月01日 12:46
まいさん、こんばんは〜

楽しみにしてくださるなんて嬉しいです!
でも書いてると、ダンナのことが嫌いになりそうな
気がして、悩みながら、今の気持ちを確かめながら書いてます。
次は・・・またダンナが不在な日を狙って書きますね。

まいさんのご両親も同じような感じでしたか。
私の両親は実際に今も別居してます。もう5年経つかも。
私は断然母寄りですし、今も父を受け入れられません。
離婚しちゃえばいいのに、と思うけれど、親子の縁は切れません。
それが悩みになるときも多々あります。
まいさんみたいに思える日が来るのかな。
Posted by はなこ at 2005年10月02日 22:56
午年だぁ・・・orz


借金の事はなかなか親には言えませんよね・・・
親に言う時は、もう本当にどうしようもなくなった時かなー・・
うう・・考えただけで恐ろしい。
がんばって返済していかねば(^^;
Posted by Buf at 2005年10月03日 11:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7541711

この記事へのトラックバック

円満退職のススメ
Excerpt: 退職の決心しても、「今日で辞めさせてもらいます」っていうわけにはいかない。 どん...
Weblog: 退職願い・退職届けの書き方講座
Tracked: 2005-12-01 11:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。