2005年10月03日

履歴〜結婚するまで〜

*この「履歴」は過去の記録です。「履歴」のカテゴリーより読まれると読みやすいかと思います*


新居を決めようとしたとき、私はまだ東京で在職中。
GWの数日を新居選びに充てて、ようやく決まったのが最終日。
築19年の古いアパートだけれど、押入れが2間と収納が充実してたし、一軒家のように
玄関も脱衣所も広かったから、2人ともとても気に入った。
私は帰京するので、契約のことや敷金等の払込はダンナに任そうと思っていた。
その時に、初めてダンナの財布事情に触れてみた。

「敷金と仲介手数料と前家賃で、20万ちょっとか・・・立て替えておける?」

するとダンナは、「そこまではちょっとないなぁ」と言ってきた。
は??結婚するのに20万の貯金もないわけ?
なんだかちょっと不安になってきた。
きっと結婚式の費用は100%両親持ちなのだろう。

「じゃあ私が出すから、あと払っておいて」

今考えると、私が不動産屋に振り込めばよかったんだけど、
何らかの事情で、お金はダンナに渡してダンナが手続きすることになった。

そして数日・・・
なかなか忙しくて不動産屋に行けないとダンナが言うので
早くしないと決まっちゃうじゃない、とせかしたところ、どうも様子がおかしい。

「まさか・・・使っちゃったの・・・??」

「ごめん・・・つい出来心で・・・」


あぁ!!
許してしまった私のバカ!!


今思えばなんて何度言っても仕方のないことだけれど
このときに今の私だったら! 不安をそのままにはせずに、絶対に結婚はしなかっただろう。
人生の岐路。奈落の底に続く道を選んでしまった。

結局、不動産屋へのお金は、ダンナの両親が出してくれた。
多分、私が一度出したことなど微塵も口に出さず。
悔しい。両親にしたら「まったく2人ともお金がないのねぇ」と呆れたかもしれない。
違うのに・・・あんたの息子が使い込んだだけなのに・・・

そして私は私で、自分の両親にこのことを言えなかった。
ただでさえ、遠くに嫁ぐことで母には少し反対されていたから。
このことを話したら、絶対にダンナと結婚できない、と思っていた。
それ以上に、この人にはいいところがある、それは付き合ってみないとわからないことで、数回しか会ってない両親にはわからないことだから、
このことで、私の両親がダンナを嫌ってほしくなかった。

でも、年長者の見る目は、若い人には本当に貴重なものなんだって
後になってすごく良く分かったのだけれど。



そして1999年の7月初めに新居に入居。
入籍はまだだったけど、新しい家具が届いて、新しい隣人がいて、となりにダンナがいて。
幸せだった。そこからの数日間は・・・

引っ越してすぐにダンナのボーナスが現金で支給された。
さすがにピンハネしないで明細と一緒に持ってきた。
じゃあ明日さっそく入金してくるね、と言ったら、浮かない顔で

「実はちょっとボーナスで払わなくちゃいけないお金があるから」

「じゃあどのくらい?」と聞くと、30万のボーナスから28万を数えて、「これだけ・・・」

「もしかして、あなたの部屋で見つけた払込用紙の束がそれなの?」

「そう・・・それだけじゃないんだ・・・」

消え入るような声。
目の前が真っ暗だった・・・
そこからダンナの最初の借金告白が始まった。
消費者金融7社ほどと、信販系に3社ほど、合計10社に350万の借金。
ダンナは、だますつもりはなかったし、何度も両親に話そうと思っていた。
でも私を失い、両親の信頼を失うのが怖かった、と話した。

間違ってるよ・・・。
もう私はふるさとを離れてここまで来てしまった。
実家を離れるとき、母は泣いたんだよ。
幸せになるから、って約束してきたんだよ。
それはたった数日前のことなんだよ。
なぜもう後戻りできなくなってから話すの?
余計に悲しいよ。



私の中で何かが変わった。
このままじゃ結婚できない。
あなたのやっていることは詐欺と同じだよ。
あなたの作った借金なのだから私の責任じゃない。
どうするの?両親に話してよ、って詰め寄ってた。
後のダンナは、もうあやまるばかりで埒があかなかった。
自分が悪いんだから・・・、って。

当時の私は、その事実の前に、ダンナの気持ちを察することなどできなかった。
善悪で言えば、借金については全くダンナは悪だった。私は善。
悪は罰せられなければならないと思っていた。
両親に話して、と詰め寄ったのは、これはダンナ一家の解決すべき問題だから、ということに加えてダンナが両親に話すことで反省して欲しいと思ったからだ。
そしてその週末に、ダンナの実家へ一緒に出向き、両親へのカミングアウトを見守ることにした。

ダンナはきっとこの時、私の今までとは違う一面を見てショックだったのかもしれない。
首根っこを捕まえられて両親に突き出されようとしながら、それがこれから妻になる人だということに。


続きはまた時間のあるときに・・・

posted by はなこ at 19:41| Comment(5) | TrackBack(0) | 履歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。きのこです。一気に読ませてもらいました。私たち夫婦は今年の夏に任意整理をしました。いろいろ苦労はありますがおたがい頑張りましょう。また、続きが気になるので、リンクさせてください。
Posted by きのこ at 2005年10月10日 00:01
いきなり幸せから地獄に突き落とされたような
気持ちですね。ご両親には自分が
悪いということは言えない
だんなさんなのですか?

はなこさんが誤解されてしまいますね><
今は借金返済に向けて頑張って
いらっしゃるようなので救われる気持ちで
読ませていただきましたが、
当時のことを振り返ると
後戻りできない状況ではなこさんは
つらかったでしょうね(T_T)
Posted by まい at 2005年10月10日 04:04
きのこさん>

コメントありがとうございます。
さきほどサイトにお邪魔して読ませてもらいました。
リンクもありがとうございます。
お互いに頑張っていきましょうね。

まいさん>

そうですね。わずか数日でしたからカッコが悪かったし、
とても自分の親には言えませんでした。
泣きついていれば、若さで今頃何とかなっていただろうな
とも思うのですが・・・
今でも「離婚して、若いんだから新しい人を見つけたら?」
と友達から言われたりしますが、こんな経験をしてきたら
新しい人が出来たとして、その人を簡単に信じられようもありません。
男性不信な状態です。
ダンナのことで私の性格も変わってしまったこと、
そして離婚したとても、今後の私の人生にその性格が影響するなんて、
本当に夫婦って重要なものなんですね・・・

Posted by はなこ at 2005年10月10日 16:29
はじめまして、こんにちは!
私は、今、元カレとやりなおしたいと思っているのですが、向こうに離婚歴があり、その慰謝料代わりに支払っている別れた奥さんの残した借金があります。相当厳しい生活になっているようですが、私が一緒に頑張れば何とかできる感じです。
はっきり言って、一緒になりたいけど生活は???と思っていました。
その中でこのブログを見つけて読ませていただきました。
彼を信じることができれば、はなこさんみたいに頑張れるんだ!って、少し力をもらいました。これからも頑張ってくださいね。私も前向きに頑張ってみようかと思います。
とりとめのない話になってしまって、ごめんなさい。
Posted by めーたん at 2006年03月12日 11:42
めーたんさん>

はじめまして。
コメントありがとうございました。

えーと・・・
元カレとやりなおしたい、ということは
まだやりなおしをし始めてないということでしょうか?

信じるのは簡単でも、その気持ちを続けて持ち続けるのは
とても困難なことですよね。
めーたんさんが元カレの方と結婚したとして、
子供ができて自分が働けなくなって、生活が苦しい時、
生活費の中から元妻の借金を払っていることに
矛盾を感じたりすることが、きっとあると思います。
それを受け入れることができるかどうか・・・
その場合、借金を払い続けるダンナを受け入れるか、
完済までは子供を作らないか、どちらかしかないんですよ。
カレと一緒になりたい一心で、「借金を一緒に返済していこう」
と決めてしまっているのだとしたら、とても怖いことなんです。

借金をわかってて結婚するのなら、
あとあと何度もその結婚を後悔することがあるという
相当な覚悟が必要だと思いますし、
そこまでカレのことを思うなら、結婚しなくたって
返済を手伝ってあげることだってできますよね。
大変失礼かもしれませんが、私は、完済してから結婚した方がいいと思います。

人生はお金だけが大切ではないけれど
お金は夫婦喧嘩の原因になることを分かってくださいね。
それでも一緒に頑張ってやっていくのだ、というのなら
もちろん応援させていただきます^^
Posted by はなこ at 2006年03月13日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。