2006年11月16日

意地悪でしょ?

先日完済したA社は、無利息残高がありましたが、その分は今までの取引実績に応じて払わなくていいということで解約できました。(ありがたいとも思ってませんが)
それよりも随分前、利率が18%に下がったA社の当て馬になったのがB社(だったかな?イニシャル忘れました)です。

B社は最後の支払時に1000円未満の過払いができ、それを窓口のある支店まで取りに行って解約するという話を聞いてました。
「窓口のある支店」というのが自宅から遠いので、なかなか行けずに解約できてなかったのです。
数日前ふと思い立って「過払い分いらないから解約できないか?」とダンナがB社に聞いたところ、あっさり「では解約ということでご指定の口座に過払い分振り込みますから」というじゃないですか。

案ずるより生むが易しですね。

しかも振込手数料は引かれずに入金されてました。
で、振り込んだことを連絡する通知と契約書の返送は、個人名で郵送しますってことだったんですが、届いてみるとその通知、

差出人が個人名なのに、
窓付き封筒で送られている・・・
住所と名前が「○○ビル△階 ■■(苗字)」と書いてある・・・

不自然すぎるでしょ!
それとも意地悪してるのでしょうか。これ。
本当に客のことを考えて個人名で出すというなら、個人が使いそうな封筒を使ってほしい。住所も○○マンションとかにするとかね。
これじゃ勘のいい人ならすぐわかっちゃいますよ・・・。
posted by はなこ at 23:00| Comment(2) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

未だそんな考え?

会社に最近入社してきた40代の男の人がいます。

5年ほど前に大手企業をリストラされ、その後派遣をしたり働かない時期があったり(本人曰く、派遣で更新がなかったとのこと)していたが、時給が安くてもいいからきちんと定職に就きたいということでした。

技術職なので、ウチも年齢やブランクをそれほど気にせず採用しました。
ところが、入社時に出す書類に、万一の際の連絡先を書く欄があるのですが、同居人である彼女の携帯番号が書いてあるのです。
聞くと、もう何年も前から同居していて、住まいも彼女のもの。
仕事がないような時に、いつしか彼女の家に転がり込んでそのまま、という感じなのだそうです。

正直、私はそういう男の人は好きじゃないです。
甲斐性・・・なんて古臭いと言われるかもしれないけど、男がメインに働いて生活することで、家族の笑顔も保たれると思うんです。
もちろん定年までは働くのが当たり前。
それは貯蓄があってもなくても。
女性の稼ぎは、足りない分と貯金に回す程度が理想だと思っています。
家事や子どもの世話も立派な仕事なのですから、両立するのは本当に大変だと思うから。

えぇと・・・私も理想と今の状況と全く逆ですが・・・


きっとその彼女も「私がいなきゃだめなんだ」と思う時もあれば、「なんで私が稼いでこの人を食わさないといけないの?」と思う時も多々あると思います。
ま、彼もこうして働き口を見つけてるわけですから、何とかしなきゃと思っているわけで、そう悲観することもないのですが。

で、その話を家でダンナにしたんです。そうしたらアナタ、
「いいなぁ。そういう生活。理想だな」
なんて言うんですよ・・・
まだそういう考えを持ってるのか、って悲しくなりました。
これから転職活動をするかもしれないところで、このセリフです。
あいにく私は男を食わして納得いく性格じゃないので、
「ふーん、じゃあそういう人見つけて一緒になったらいいんじゃない?見つかればね。私はそういう人嫌い。」
呆れてムッとした感じでそう言ったら、あわてて訂正してました。
「そうは言っても働かなければいけないのが、男なんだけどサ」

考えてみたらまだ返済しはじめて1年半です。
根本的なところはまだ変わってないんだなぁ、と思いましたね・・・
posted by はなこ at 12:19| Comment(4) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月08日

やっぱりBOOKOFF?

先日、夜なのに急に思い立ってクローゼットや本棚の整理をしました。
キレイになったのを見て、片付け魔の私は達成感でいっぱい。

その際、もう読まないだろうな、と思う本とか雑誌類を寄せておいて、古本屋に売ろうと思っていたんです。
数にして20冊くらい。結構年数は経ってるけれどハードカバーのシリーズ本も含まれていましたから売れそうだと思って。

会社からの帰り道には古本屋が2軒あります。
ブックマー○ットとBOOKOFFです。
一昨日の帰り道に、その本をブックマー○ットに持って行きました。
そちらを選んだのは、単に国道の左側にあって入りやすかったから。

でも査定してもらうと、そのうちの5冊だけを引き取ると言うんです。
文庫本と料理本のみ。
他を引き取れない理由は、発行日から年数が経ってるのと、常に新しい情報が出る類の雑誌だからって。
そんなもんかな、と思いながら5冊だけ引き取ってもらって(5冊で100円・・・)、どうせだからとBOOKOFFにも足を伸ばして査定してもらいました。

すると、あっさり全部お引取り。
金額は15冊くらいで420円。ハードカバーの本もあった割りに安値ですが、引き取ってもらえずに持ち帰るのもしゃくですもんね。喜んで売ってきました。

やっぱり「本を売るならBOOKOFF♪」ですね(笑)


帰り道に考えてたんです。この差は何だろうって。
常に新しい情報が欲しい人って、普通古本屋に来ないんじゃないですか? 
多少古くても参考になる本があれば・・・、昔の本だから安く売ってるかも・・・
って来る客が多いんだから、ブックマー○ットが引き取らなかったのは強気の買い付けができる理由があるのかな、とか。
それとも単に力の入れている分野や年齢層の違い? 倉庫の大きさ?
自分だったらどんな理由で買い付けを断ると思う?

そんなことを考えてると、結構面白いです。
posted by はなこ at 19:25| Comment(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

不審な電話

私の職種は経理&総務事務。
ほぼ1日中会社内にいる仕事なので、必然的に電話に出ることも多いです。

電話を受けていると、時々不審な電話がかかってきます。
在籍確認の電話もすぐわかります。申し訳ないのですが。
個人名を名乗る割りに周りがガヤガヤしてるとか、妙にハキハキした営業サラリーマンっぽい人が、友達と名乗って仕事中に仕事場にかけてくるなんて、不自然そのものですもんね・・・
退職しましたよ、と言うと「じゃあ携帯にかけてみます」って。
普通、携帯→どうしても繋がらない→自宅→仕事場の順じゃないですか?
仕事場にわざわざ電話をかけて来るほど急用なら、絶対に伝言を残すはずですもの。

まあ私もその辺、気づかなかったふりをして、本人がいれば本人の希望により取り次ぐこともします。

特にウチの会社に良くかかってくる不審電話は、次の二つ。

1)5年以上前に退職した人に、在籍当時からかかってくる不審電話

・・・どうやら在籍当時、彼はどこかでキャッチセールスにひっかかったようです。よくある勧誘電話にも丁寧に応えていたような人だったようで。当時から会社にいた人が協力して契約解除に奔走したという話を聞いています。
毎回、「もう何年も前に退職していますよ」と電話で答えても、懲りずにその時のデータが未だに使われているんですね。世の中には「退職したと言ってくれ」と、そういった電話に出ない人もよほど多いのでしょう。
彼の場合、もはや最初の業者だけではなくデータが闇に流れて、いろんな業者から電話が入っているようです。


2)去年退職した人宛に、ここ数ヶ月かかってくる電話

・・・彼は「30歳になるまでに自分の好きな仕事に転職したい」と、会社が止めるのを受け入れず、29歳で辞めていきました。在籍当時はそんな電話かかってこなかったのですが、ここ数ヶ月、「○○さんはいらっしゃいますか」という電話が数回かかっています。
悪い方に考えたくないのですが、多分サラ金関係ではないかと・・・
転職しようとしたものの思い通りに行かず、失業保険も出尽くして、生活のためにサラ金を利用。限度額を高くするために、つい前の仕事先を書いてしまったとか。
あるいは退職前から借りてた分が返せなくなっての督促電話とか。

いずれにしてもサラ金というのは勝手な想像ですが、本人を知っていると何だか寂しい気持ちです。ウチのダンナも数社のサラ金に借金がありましたから、こんな電話から誰かに「借金持ちじゃねえか?」と悟られているのかもしれません。
知らぬは本人ばかりなり・・・
posted by はなこ at 23:17| Comment(6) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

通販化粧品の送料

借金をしていると、女性なら化粧品のランクを落とすというのは定石ですね。
私も然り。肌質が敏感肌気味でブツブツが出たりしますが、可能な範囲でランクを落としています。

私は化粧品のほとんどを、通販化粧品業者に頼っています。
現在メインで使っているのはアテニア。
品質も私の肌質に合いますし、カテゴリーもシンプル、値段も割と安価で、とても気に入っています。送料は1つからでも無料なのも嬉しい。

でもそれは基礎化粧品の話。
口紅やファンデーションとなると、もっと安価でも構わないという私の考えで、A○○Nを使っています。ここは送料は取られるものの、ひっきりなしに35%OFFとかやるので、原価がいくらなのか非常に分からないところです(笑)

もちろん口紅にはたくさんの色があり、カタログの色を見て注文します。
ですが届いて口につけてみると、アラ不思議、全くカタログよりドギツイじゃないですか・・・
使用してしまっても返品に応じてくれるのは良いところですが、もう少しカタログの色味を検証してほしいなと思っています。

つい数ヶ月前に、とある口紅2本をA○○Nで注文した時のこと。
2本とも使用してみると全く想像と違う色でしたので、またか・・・と返品しました。
すると数日後に「返品を受け付けました」という通知に「送料は返品しても債務として残っていますので、お支払ください」と書かれていたのです。
コンビニ支払にしていたので、手元には返品前の金額が書かれたカップしかありません。
コンビニでは金額を訂正して支払ができないんですよね。
しかも送料の金額は400円足らず。

確か以前見た請求書&納品書に、「未払額」の欄があったので、次回注文時にその欄に未払送料の金額が記載され、合算した金額が請求されるのだろうと思い、放っておきました。

先月、「まだ送料のお支払を受けていません。至急お支払ください」との通知がまた来ました。それでもまだ前述の通り、次回の注文時でもいいだろうと勝手に決めつけ、次回の注文を早速入れました。
そうしたら注文の品は届かず、また通知。
(この3通の通知の郵送料だけで、400円に届きそうな勢いですが・・・)
「残債があるため、注文を保留しております」という内容でした。

えぇっ? ダメなの・・・?
じゃああの「未払額」欄は何のために・・・?
せめて事前にコールセンターに、次回注文時に支払いますと告げておけば良かったのでしょうね。あとの祭りですが。
それにしても今A○○N内では、私は相当図々しい客と写っていることでしょうね(笑)払いもせずに次の注文かいや?!って。

仕方がないので388円、銀行振込で支払うことにします。やれやれ。
でも先方にも少し意見を言わないとなぁ。
せめて残債整理の方法を選択させてよ、って。
posted by はなこ at 23:45| Comment(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

タイヤ購入

今日、冬タイヤを某店で購入してきました。
広告に載っていた、4本19,800円のオリジナル冬タイヤは、すでに限定数をオーバーしてたために買えませんでしたが、別のお店に行って、会員様40%OFFの某メーカーのタイヤに決めました。

会員とは、そこと日専連の提携したクレジット機能付カードを持ってる会員、ということらしいのです。
我が家はそこの会員ではないんですが、まだ本シーズンには早く、店員も買わせたかったのか、タイヤ代も履かせるための工賃なども、すべて会員価格で伝票を切ってくれました。

金額、しめて33,200円。
1,500ccクラスの車のタイヤで、この値段は安い方でしょうか。

はい。12月のボーナス一括払いです。
ボーナスが出ないと返済期間が延びることになり冷や汗ものですが、タイヤ購入に関しては、まぁ予算の35,000円に近かったし、まずまず予定通りで収まったと思ってます。
ただ、もう履いてしまったので、燃費が夏タイヤより悪くなります。
この先のガソリン代、痛いなぁ・・・

ところで、体調がまだ思わしくないのです。
仕事を休むほどではないのですが、夕方近くになると頭痛と微熱があり、
家に帰ると家事をするのが億劫になります。
上司に話したら「更年期?」と言われました・・・
まだ30代前半なのに?
ちょっとだけショックでした・・・でも・・・どうなんだろう?
posted by はなこ at 00:10| Comment(4) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

冬タイヤ

風邪をひいてしまって、しばらくコメントのお返事もできず、すみませんでした。
仕事が忙しいので休むこともできず、夜も8:30に寝ること数日。
ようやく週末でゆっくりしています。

去年の冬のボーナスで、6年も履いてた冬タイヤを交換しようと思っていましたが、結局そのままにしていました。
ですが夏タイヤ(春タイヤという人もいますが)に履き替えるときに、来シーズンこそ冬タイヤを買おうと思い、処分してしまったんですね。久々に物置を開けたらホイールしか入ってなくて、ちょっとショックでした。

そうか・・・今年こそ買わなくちゃ物理的に無理・・・

去年も動向を見ていたのでわかるのですが、冬タイヤは今頃から早めに買うのが一番安いのです。本数限定だと4本で19,800円なんていう目玉商品もあります。安いものでも2シーズンくらいは持つのですから、安くてもいいのですが、決済はできればボーナスの後でないと家計から出すのはキツイ・・・

明日はダンナも休みなので、オートバックスやイエローハットに見に行ってみようと思います。が、買うとしてもクレジット決済になると思います。
25日の後なら、12月末決済になると思うので。


今度のボーナスの使用目的について、概算で計算してみました。

冬タイヤ(履替え含む)・・・35,000円
車検(ディスクブレーキの交換作業含む)・・・140,000円
車の保険(年払)・・・55,000円
返済(D社完済を含む、予定)・・・272,000円

合計 502,000円

これって、ダンナと私のボーナスが夏と同じくらい出たとしても、合わせてギリギリといったところです。
私の会社も中間決算で赤を出したので、いまいち冬のボーナスの算段ができず、少なければ返済額を減らすしかないのですが、早く完済したいからとはいえ、ちょっと綱渡り的でしょうかね・・・?
ダンナの仕事は今から年末にかけてが一番忙しいので、その分給与に反映されることを祈るばかりです。
posted by はなこ at 08:52| Comment(5) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

トラックバック

前回の記事に、なんと20件ものトラックバックが付きました。
見てみるとほとんどが、ゴシップ性の高い、URLもクリックするのをためらわれるほど、怪しげな雰囲気のトラックバック。

すべてIPアドレスからアクセス拒否させていただきました。
ついでにトラックバック受付を停止いたしました。

それにしても、ああいうトラックバックのURLをクリックする人っているんでしょうか。怪しげな金融情報サイトならまだ、「よっぽど困ってパニックになり、ついクリック・・・」ということもあるかもしれませんが、芸能人がどうしたこうした、芸能人のお宝映像がどうのこうの、なんて一生知らなくてもいい情報だと思います。

多分お宝映像というのはウソで、どこかのアダルトサイトのワンクリックかツークリック詐欺に繋がるのかな。
posted by はなこ at 21:01| Comment(5) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

金融教育

今日、ボーっとしてTVを見ていると、どこかの小学校で金融教育の一環で、自分たちの作ったものを売る(といっても自校の体育館が会場)という体験をしました、というニュースを見ました。

私は金銭教育に賛成です。
アメリカでは子供に金銭の流れから、借りること、増やすことまでの金銭教育をするのが当たり前とのことですが、日本では子供にお金の心配をかけないのがいい親、子供にお金の話はタブーという部分がありますよね。
お金の心配などせずにのびのび育って欲しいと。
でも私の実家はあまり裕福でないことは、言われなくても子供の頃から薄々気づいていました。
多分、周りの友達も気づいていました。お小遣いも中学卒業までなかったので、遊ぶときも商店にお菓子を買いに行く等のほとんどない遊び方をして気遣ってくれていたのも、分かっていました。

隠そうとしても、子供はわかっているものなのです。
なぜかお金がないことを察知してしまうんです。
でも親が一生懸命働いている中で、必要のある借金だと理解していれば、子供だって「何でウチは貧乏なの?」なんてことは聞きません。
それこそ親の背中を見て育っているんです。
親に愚痴らないのは、言えば自分も親も悲しくなるから・・・という理由もあります。
小学生の頃は、裕福でないことがこの先ずっと続くような気がして、悲しくて寂しい気持ちを誰にも言えずに過ごしていた時期だったように思います。
そのジレンマから完全に立ち直ったと実感したのは、自分で給料を稼ぐようになって、それが貯まっていく通帳を見たとき。
いやらしい話ですが本当です。自分の努力で変われたと実感しました。

金融教育で子供にお金のことを教えるなら、小学生にお金の流れを教えるだけではなく、中学生までに借金のこと、投資のこと、金利のことなど、高校生になったら単利と複利の違いや、返済方式の違い、利率の決まり方、国の予算や情勢など、お金の使い方次第ではチャンスや地獄は誰にでも訪れることと、無駄なお金と有効なお金についてを教えて欲しいと思います。

お金は20歳から自発的に借りられるのに、教育が間に合わないから、気づいたら多重債務なんてこともあると思います。それも教育を施すことで少しでも回避できると思うのですが、甘い考えでしょうか。


また、反対の場合にも金融教育が有効です。
ネットのニュースで「給食費を払えるのに払わない親」のニュースを読みました。今、巷の公立学校ではどこでも痛い問題のようですね。
払えるのに払わない親の言い分も書かれていましたが、驚くような言い分もありました。

「誰が給食を出せと要請した?(お願いしてないのに出す方が勝手だ)」
「給食を止められるものなら止めてみろ」

・・・本当に呆れます。
多分年齢的に私とさほど違わない年齢の方が親のはずだと思うと情けないです。子供の頃、親がきちんと払っていたからこそ、自分も受けられたサービスだったのを忘れ、「じゃあ弁当持参で」と言えば一番に面倒くさがる・・・。払えるのに払わない人ほど、結構裕福な生活をしてたりするらしいじゃないですか。
現在は、差し押さえをしたり市民サービスを受けられなくしたり、教師が親の会社に出向いてまで支払をお願いしに行ったりするそうですね。
私は、単純になぜその子供に「給食費を払うように親にいいなさい」と言わないのだろう、と思います。これも「お金の話タブー論」の表れです。子供が給食を望むのに親が払わないとしたら、子供の食育とコミュニケーションの妨害をしているような状況ですから、3者面談で話せばよいだろうと思います。

そして金融教育が今後も積極的に施されるのなら、給食費の内訳や流れを生徒に教えたらいいんです。
子供が自分で考えて、親に「払ってよ」と言えば払う率も上がるのではないかと思います。
ここで「子供に未納のことは関係ないだろう!子供に言わせるな!」と激怒するとしたら未納であることを間違ったことと認識してるんでしょう。

こういったことも、お金の話はタブー論をなくして金融教育を施すことで解決できるんじゃないでしょうか。
もっと積極的に取り組んでくれたらいいのになぁ・・・と思います。
posted by はなこ at 22:20| Comment(9) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

A社完済!

今月の返済でちょっと無理をしてA社の10万の残を完済しました。
これであと3社、71万の残です。
年内に何とか頑張って、M社とD社を完済したいと思ってます。
ボーナスがどのくらい出るかに拠るんですけどね・・・

いつも通り二人で消費者金融のATMの集まる場所に出向き、AとMの2社に返済を済ませた帰り道、ダンナが私に「お願いがあるんだけど」と静かな口調で切り出しました。
ちょっと嫌な予感はしたんですが、恐る恐る聞いてみると、A社のカードの暗証番号を自分の知らない番号に変更して欲しい、とのこと。
もう使わないんだけれど、万が一にも使いたくないから、と。

本当に使う気になれば、これだけ残高が減っているのだから、A社でなくてもどこぞの消費者金融から借りることはできるはずで、この「暗証番号変更のお願い」が実に無意味なことであることは、ダンナも私も充分分かっています。
A社の最終の金利は年率17%まで下がりましたが、困って借りるときはそこにこだわらないのが多重債務者の心理であることも。

でもこのお願いは、私にとっては嬉しいことでした。
表面上はいつも通りに了解しましたが、内心はとても。
ダンナの決意を感じたからです。

帰り着くなり早速電話で暗証番号の変更を、ダンナに内緒の番号に変更しました。
想像すらできない番号に。

最初、ネットから変更できると思っていたのですが、A社の場合は自動音声受付の電話か、オペレータの出る電話からでないと変更できないようです。
もちろん契約者本人ではないので、自動音声受付の方から変更。
これで後はお休みの取れた平日に、すでに完済してるP社とA社の窓口に出向いて解約手続きと無利息残高を支払う(P社は過払い高を受け取る)だけだと思っていました。

すると数日後、ダンナからの話ですが、
A社は電話で解約に応じてくれるということでした。
解約に必要なものがあれば教えてくださいと電話したところ、電話でもOKですと言われ、700円弱の無利息残高は、今までの取引を鑑みて支払不要です、という回答だったようです。
今日、A社から契約書と契約変更履歴書が返送されてきました。


やっぱり自分たちで頑張って返済してきて良かったと思えた瞬間でした。
ダンナの意識も変わってきたなと思います。
かといって油断はしていませんが・・・
私個人としては、無利息残高の支払不要は、A社の善意でもサービスでも何でもなく、高い利息を払ってた時期もあったんだから当然のことと思ってますけどね。
posted by はなこ at 16:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月14日

帰省してきます

明日から私の実家に帰省してきますので
コメントのお返事が遅れます・・・
久々の帰省なので楽しんできます^^

明日の夜から高速で帰るんですが、
ETCでゲートを通過すると、深夜割引とか大都市圏の早朝割引などが使えるんですよ!(一部有料道路を除く)
深夜割引は0時〜4時の間に高速を通っていれば、全区間30%OFF!
大都市圏の早朝割引は100km以内の距離であれば50%OFF!

結構大きい割引率ですよね。
前払い制度を利用してない我が家は、後で請求が来るので、クレジットカードの請求額にびっくりすることもあるのですが、たとえ行きだけでも割引になってれば、少しは嬉しいです。

※割引の適用にはいろいろと制限があるので、事前にお調べの上、利用してくださいね
posted by はなこ at 06:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

車の不調

先月あたりから、車の調子がどうも悪いんです。
最初はブレーキを踏んだ時に、ク・ク・ク・ク・ク・・・という音がしてきました。明らかにブレーキ周辺に何かあると思ってディーラーへ。
見てもらうとブレーキパッドが減ってきてるとのこと。
でも今年末の車検までは間に合う厚さはあるから、ちょっと溝をつけて、ブレーキを利きやすくするという作業になりました。費用は2000円。

そこから数週間。

今度はアクセルを放してからブレーキを踏んで止まるまでの間、トン・トン・トン・・・という、また規則的な小さな音が聞こえてくるようになったんです。
何が原因かはわかりませんが、タイヤの回転に合わせた規則的な音です。
我が家の車は今年7年目で、平日は私が通勤に使っているので、結構傷みがきてるとは思います。しかも今週末は私の実家へ行くという遠出の予定なので、ブレーキあたりからの音だとしたら、道中が不安・・・

なので今日また夕方からディーラーへ行ってきました。

するとやっぱりブレーキに原因があり、交換が必要だそうです。
まず金額が一番重要!ということで見積もってもらったら、ナント3万!
今月は遠出の高速代、ガソリン代、持って行くお土産代もかかるから、その上+3万は大きいですよね。
「このまま交換しないとどうなりますか?」
「今週遠出するんですが、大丈夫でしょうか?」
「車検まで持ちますか?」
いろいろ訊いてしまいました。
ちょっと、お金がないことがあからさま過ぎたでしょうか・・・?

どうやらディスクブレーキに錆が出てて、ブレーキパッドがその錆にあたって音が出てるようなのですが、ウチの車の状態を見るとこのまま乗っててもブレーキが利かなくなることはないそうです。
規則的な音が大きくなるくらいのことですが、年末の車検の際は必ず変えなくてはいけないでしょう、と言われました。

「で、でしたら今回は保留ってことにしてください!」
夕方遅くに車を見させて、サービスの洗車してもらって、見積もりを出させた挙句に保留・・・。整備士の方には申し訳ないことをしました。
でも遠出前に洗車してもらえてラッキー!&心配したまま出かける必要もないのでホッとしました。

車検までに音がどんどん大きくなるようなら、10月か11月に先に交換しようかな、と思ってます。

posted by はなこ at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

ダンナ、怪しい雲行き

秋ということで、秋冬のテンプレートに変えました。
前シーズンと同じです。
ガーベラのテンプレートも明るくて好きだけど、こっちの方が何となく「借金持ちの日記」という感じがして好きですね(笑)


夏期休暇も終わって1週間、私の方は仕事も落ち着いてきました。
考えてみたら社長が亡くなってからずっと忙しかったんですね。
これから年末まで、またいろいろ予定はあるんだけれど、これまでほど忙しくはないのかな、と読んでます。

ダンナの仕事は、相変わらずヒマそうです。
営業所全体でヒマだそうで、そうすると営業所長のご機嫌が悪いらしく、その矛先が一番下っ端のダンナのところにくるようです。
詳しく聞いたわけではないけど、私も会社員の身、容易に想像できます。

先日、ダンナから転職を考えているという話をされました。
このままじゃ俺は精神的に病んでしまいそうだ、と訴えられ。

私は、「借金の完済をしてから考えて」とか、「次の就職先を決めてからか、それなりの貯金が出来てからならいいよ」と答えていましたが・・・
家計的に一番良いのは今の仕事が忙しいこと。
年齢も34ですし、転職して良い仕事に就ける可能性の方が少ないのでは、という不安があります。もちろん、なかなか職が決まらないという不安も。

でも確かに今の仕事は時間外勤務が不規則すぎて、これで忙しい&年齢を重ねたら体を壊すかもなぁ、とも思うんです。
人間関係での悩みはどこにでもあると思うんだけど・・・


難しいなぁ・・・

とりあえず様子を見ていこうと思ってます。
はぐらかして何とかなればいいなぁ、なんて。
というか、やっぱりまだまだ精神的に脆い部分はあるんですね。
この精神的な弱さから、また良からぬ方向に進まないようにして欲しいです。


そうそう。ダンナの禁煙は来月あたまで3ヶ月になります!
その分本を買うことが多くなったみたいです。
posted by はなこ at 19:21| Comment(11) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

今年の夏休み

日曜日まで休暇中です。

でも今年はダンナの実家に3日間帰省しただけで、後は特に予定もなく、出費も抑えられそう。
自分の実家にも帰省したかったのですが、今回はナシ。
実家の方が仕事が忙しく、あんたに構ってられないから、と言われたので、まぁ秋にでもゆっくり帰ればいいかなぁ・・・という感じです。

来週の仕事はじめは、上司が1週間休暇中なので、また非常に忙しくなりそう。
せいぜい英気を養っておこうと思います。
posted by はなこ at 09:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

今日から帰省します

今日まで仕事ですが・・・

終わったらそのままダンナの実家に帰省してきます。
14日までの予定です〜




posted by はなこ at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月08日

A社も必死?

先週木曜日の夜のこと。

ダンナの携帯にA社から電話がありました。
パチンコ関連企業に勤めるダンナなので、夜や深夜に携帯に電話がかかるなんて日常茶飯事。最初はお客からの電話かと思ってましたが、話し方や内容から、どうやら借金してるとこのどこかだと分かりました。

また借金してるの・・・?

借入れしてほしいという電話・・・?

私はリビングにいながら、隣の寝室で電話してるダンナが気になって仕方ありませんでした。
些細なことでも不安になります。
そう。身内に無用の借金した者を抱える人は、誰でもこんな気持ちになっているのです・・・
「私のこと全然信用してくれない!」とか軽々しく言っちゃだめですよ。
家族こそ、その気持ちに疲れ果て、一生続くのかと絶望感に襲われ、相手を信じられないことに自己嫌悪に陥っていることもあるのですから。


話がそれました。

電話を切った後、何気ないふりでダンナに聞くと、相手はA社でした。
利率を17%、限度額を150万にするという話です。
しかも定石である「だから借りていただけませんか」という言葉はなく、利率を下げる手続きも、電話口で了承していただくだけでOKということでした。
何だか変なの。借りなくても利率下げてくれるなんて・・・また勘ぐる私。
A社も顧客獲得に必死なのかな。
でも考えてみたら100万の限度額だった今までは、18%の利率が利息制限法の上限金利でしたが、150万の限度額だとしたら、15%が同法の上限金利。(合ってますよね?)
別にお得なサービスをしてくれてるわけじゃないんですよね。

というより逆に「こいつならまたいつか150万の天井まで借りるだろう」
と思われてるのかも・・・


現在A社の残債は18万くらい。
1%利率が低くなったからといって、どうせ秋には完済予定。
受ける利益が少ないと感じたので、ダンナは17%にするだけしてもらって、そのまま返済し続けることにしました。
わざわざ18%のM社から借り替えるより、消費者金融と言われるところとは早く手を切りたいという気持ちがあるようです。

それと他社から乗り換えるということは、他社の金利分をも借金をしてることになり、それが借金雪ダルマになる仕組みですもんね。
さっさと手を引いて、完済したら解約手続きをしてもらわなくちゃ。
posted by はなこ at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

ダンナの友達の印象

ダンナの友達、昨日わが家にもいらっしゃいました。
お泊りはホテルだったんですけどね・・・

お会いする前から、mixiのダンナへのコメントを見てて、きっちりしぃな感じ、と漠然とイメージを膨らましてましたが、お会いしてみると正しくそう。
潔癖症だった時期もあったようです。
ま、それはどうでもいいことなんですが、パチンコ業界に勤めるダンナに対して、「俺、○○さん(ダンナ)に貢献できないんですよね」と口火を切ってから、

「俺、タバコもギャンブルも女もやらないし、唯一の趣味が子供の教育かなぁって」

「次は何をやらせてみようかな、とか可能性、適性を考えるのが楽しい」


ダンナ、唖然として言葉が途切れてる・・・
(ダンナの2年前は、タバコ、ギャンブル、風俗、すべてやってましたし、今も子供が苦手。)

私はそういう夫・父親の鑑みたいな人もいるんだなぁ、と感心したけれど、反対に私とは合わないかも、という印象を持ちました。
ちょっと抜けてるところをお互いにカバーしあう夫婦というのが理想なので・・・
もちろん抜けすぎ、わざと抜けはカバーしたくないですが。


って、人のダンナ捕まえて勝手に妄想を膨らます私でした(笑)
posted by はなこ at 15:02| Comment(3) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

ダンナの友達

夏ってやっぱり支出の多くなる時季ですよね。

今日、明日と、ダンナの友達が横浜からやってきます。
せっかく交通費をかけてくるのだから、何度か食事をするうちの1回はご馳走してあげたら? と、ダンナにお金を渡しましたが、正直、お財布にはツライです・・・

ご馳走する他にも、一緒に食べるご飯と飲み代で2万も渡したんですよ?

少しは返ってくるかと思うんだけど・・・

まぁめったに遠方から友達がやってくることもないので、仕方ないですよね。
私も東京に実家があって、帰った時に友達と会うことがありますが、大体食事代は割り勘。
いやらしい考えかもしれないけど、少しおまけしてくれると嬉しいな、と思います。
posted by はなこ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

100万切りました!

借金の残高が残り100万を切りました!
毎月一定の金額を返済に充ててるので、同じ金額を返済しても、これからはより元金が減っていきます。

先が見えてきました・・・嬉しいです・・・
posted by はなこ at 19:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

ごぶさたしてました

ブログの更新、大変ごぶさたしてました。

仕事の忙しさもあるんですが、返済が結構順調なので、取り立てて書くこともない感じです。


7月といえばボーナス時季。
ボーナスを返済にまわして、借金残高は100万ちょっとまで減りました。
本当は100万切るかな、と思ったんですが、ダンナのボーナスが予定よりも
かなり少なくて・・・
私の方が多かったくらいです。
ダンナはそのことが結構ショックだったみたい。
ダンナだけじゃなくて、同じ支店の人みんなが明細を見るなり「少ない!」って叫んだと言いますから、自分の評価が特別悪かったわけじゃないだけ、救われてるんでしょうが。

そんな感じで、30万は最低返済にまわそうと思ってましたが、26万となりました。

まあ、この春からダンナの仕事は支店全体が結構暇でしたからね。
冬に向けて忙しくなりそうだということなので、冬のボーナスに期待します。


私の仕事の方は鬼のような忙しさは抜けたものの、
新しい社長の交代手続きもあるので、今月いっぱいはバタバタしてるでしょう。
また更新が途絶えるかもしれませんが、時々のぞいてみてください。
プロフィールにある借金残高が減っていくのを、一緒に見届けていただけたら嬉しいです。


posted by はなこ at 17:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 借金返済日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。